ここから本文です

わが子の運動会で見せた、芸能人パパ・ママ─瑛太、長谷川京子、庄司智春─の素顔

週刊女性PRIME 10/18(火) 10:00配信

 10月の肌寒いある日、芸能人の子どもたちが数多く通う都内の幼稚園で運動会が行われていた。ここでは、芸能人もつい、わが子の応援にアツくなる。

 9時過ぎ、黒いTシャツに黒いパンツで、首からプロ仕様の一眼レフカメラを提げる瑛太を発見。

「子どもの姿を撮るために、保護者の間をしきりに移動していました。子どもと踊る競技に出場して、一緒に手をあげたり、クルクル回ったりしてすごく楽しんでいましたよ」(保護者のひとり)

 さらに周囲を見回すと、長谷川京子とポルノグラフィティの新藤晴一夫妻の姿も。

 11時過ぎ、緑色のTシャツにグレーのパンツ、キャップを後ろ向きにかぶり、青いハチマキを巻いた品川庄司の庄司を発見。“芸能人パパ”では唯一、保護者参加競技の綱引きに出場していた。

「綱を引く形相は、必死そのものでした。自分のチームが勝つと子どもに向かって、“パパ勝ったぞー”と言わんばかりに、大きくガッツポーズをして雄叫びをあげて喜んでいましたよ。」(同)

 12時過ぎに運動会は終了。最後まで見届けて帰宅する保護者の中には、ネプチューンの名倉潤や魔裟斗の姿もあった。

 芸能人によって“アツい”部分は異なるが、わが子にかける思いは一緒のようだ。

最終更新:10/20(木) 23:03

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。