ここから本文です

眞子さまの"交際報道"も皇室ジャーナリストはお相手との「ご成婚」の可能性に懐疑的

週刊女性PRIME 10/18(火) 11:00配信

 10月13日夜、国賓として来日していたベルギー国王夫妻主催のコンサートに招待された秋篠宮家の長女・眞子さま。

 この日の午後には、母・紀子さま(50)とともに千葉県市川市で開かれた「全日本聾教育研究大会」の開会式にも臨席していたが、お疲れの様子もみせず会場へ。

 眞子さまはマチルド王妃(43)に右手を差し出して、深々と「カーテシー」の挨拶をされたが、王妃が握った手の薬指に光っていたのはパールのリング。

 近ごろ、ウキウキしてくる気持ちを抑え、“彼氏”とおそろいのアクセを外して、大切な外国のお客さまをもてなされた。

 そんな眞子さまにとって、“初ロマンス”と言っていい今回のデート。

「プライベートが、側衛に囲まれた高級車ではなく電車内で目撃されたのが、眞子さまらしく微笑ましいですね」

 そう目を細めるのは、長年皇室を取材するジャーナリストで、文化学園大学客員教授の渡辺みどりさん。

「ご両親の秋篠宮ご夫妻も、学習院大学時代に出会い、自由恋愛を謳歌して結婚されたので、眞子さまにボーイフレンドとの話が出てこないのが不思議なくらいでした」

 しかし、今回の交際がすぐにご成婚に結びつくかどうかは疑問だと渡辺さん。

「最近では、“結婚適齢期”という言葉は死語になっています。

 しかも、両陛下の初孫である眞子さまは、おばの黒田清子さんのように公務をする内親王として期待されています。『女性宮家』問題もどう推移するかわからない状況でもあります」

最終更新:10/18(火) 11:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。