ここから本文です

胸キュン動画!花を差し出されたナマケモノが本当にほしかったのは?

GQ JAPAN 10/18(火) 16:51配信

中米コスタリカにある世界唯一のナマケモノ保護施設「スロース・サンクチュアリ」。ここでは、事故や火災に遭ってケガをしたり、親を亡くしたナマケモノが多数飼育されている。観光客向けに一般公開もされており、ナマケモノと触れ合うことができる。

【ゆっくりゆっくり女性に近づいてきて……どうなったかを動画でチェック】

話題の動画は、施設を訪れた女性が眠っているナマケモノにエサとしてハイビスカスの花を差し出すところからスタートする。訪問客に気づいたナマケモノは、頭上に渡された木の棒をゆっくりと伝い、女性の方へにじり寄って行く。花を追いかけているのかと思いきや、ナマケモノの目的は違うようだ。

女性のすぐそばまでたどり着くと、これまたジワジワと後ろ足を彼女の方へ伸ばし、彼女の懐にちゃっかりイン。ナマケモノは花を食べるよりも、かわいいお姉さんに抱っこをしてほしかったのだ。

驚きながらも嬉しそうに胸のナマケモノを抱きかかえる女性の表情も一見の価値あり。これこそ「かわいいは正義」である。

Masako Iwasaki

最終更新:10/18(火) 16:51

GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月24日発売

600円(税込)

2016年の男達「MEN OF THE YEAR 2016」発表!/世界のリーダー総決算!今年のビジネスを読み解く、ランキング30/森星の1日、イットガールを追いかけて

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。