ここから本文です

MAX・NANA“40歳の妊活”を初告白「仕事も頑張りたい」

女性自身 10/18(火) 0:00配信

 都内総合病院の産婦人科の待合室。名前を呼ばれてソファーから立ち上がったのは、女性グループ『MAX』のNANA(40)。隣に座っていた男性に笑顔で手を振り、診察室の中へ――。

 この男性は、彼女の診察が終わるまでの約1時間半、辛抱強く一人で待ち続けた。彼は15年の交際を経て今年5月にNANAと結婚したばかりの、ダンサー・CHINO(46)。彼女が待合室に戻ってくると、CHINOの表情がパッと華やいだ。

 結婚から半年、早くも赤ちゃんができたのだろうか。都内の自宅マンションに自転車で帰ってきたNANA本人に真相を聞いた。病院での目撃談を話すと「えぇ~、見られてしまってたんですね!」と少し恥ずかしそう。

「実は、妊活中なんです。でも、私ももう四十路ですし……。できるだけ早く産みたいと、最近通い始めました」

『MAX』の中でも最年長の彼女。いわゆる“高齢妊活”だが、夫が大きな支えになってくれているという。

「病院にもいつもついてきてくれて、本当に最高の旦那さんなんです」

 仕事のスケジュールを見据えながら出産計画も立てている、と“妊活”に奮闘する様子を語ってくれた。

「私たちの仕事は身体が資本。まだまだ仕事も頑張りたいので、まずはハードワークに耐えられる身体が必要です。その上で妊娠可能な身体作りを目指しています。私は3人きょうだいなのですが、まずは健康な赤ちゃんを1人でいいから授かりたいですね!」

 彼女が現在実践しているのは“タイミング法”だろうと話すのは、成城松村クリニック・松村圭子院長。

「不妊治療は大きく3段階に分かれます。まずは基礎体温を測り妊娠しやすい時期を狙って自然妊娠を目指すタイミング法。これを半年くらい試してみて、次は人工授精。そして、最後は体外受精です」

 NANAの年齢を考えると、できるだけ急いだほうがいいという。

「不妊治療は1年ほど経過をみることが多いのですが、40代の場合は早めに体外受精も視野に入れたほうがいいでしょう。35歳を超えると卵子は年々老化していきます。焦りも禁物ですが、悠長なことは言っていられません」

 四十路になっても前向きに仕事と妊活を両立しているNANA。夫婦が元気な赤ちゃんを授かりますように!

最終更新:10/18(火) 0:00

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。