ここから本文です

柴門ふみがすすめる「おとなのハワイ旅」 [おとなスタイル]

講談社 JOSEISHI.NET 10/18(火) 9:00配信

ツアーで行く王道ハワイ。 思い出すだけで楽しくなる 「ハワイには、今まで4回行きました。 最初の3回は家族だけ、もしくは家族と当時の担当編集者さんたちと大勢で、現地でバスを借り切って。まさに“おとなの修学旅行”でしたね」

4回目の、5年前に行ったリッチでグルメな友人夫婦とのオアフ島3泊+ラナイ島2泊の旅が、いちばんオススメの“おとなのハワイ”旅だったそう。

「オアフでは空港までキャデラックがお出迎え、ホテルは『ザ・カハラ・ホテル&リゾート』に宿泊し、『カハラモール』や『アラモアナセンター』でお買い物三昧。

ラナイ島では、『フォーシーズンズ・リゾート・ラナイ』に宿泊し、テラスで海風を受けながら、エステ三昧(笑)。絵はがきのような風景の中で、3人で朝ヨガをしたり、ドレスに 着替えてレストランに行ったり。違う時間の流れがあって、心からリフレッ シュできました」

思い出すだけで楽しくなるのが、ハワイの良さだそう。 「息子が新婚旅行先をまだ決めていないので、ハワイにしなさい、と言っているところです」

「オアフ島ともう一島に、1 週間くらいのツアーで行く」のが、柴門さんのハワイ旅の基本スタイル。とくにオススメは「マウイ島」。

柴門 ふみ(さいもん ふみ) 漫画家。

1957年生まれ。『東京ラブストーリー』など漫画作品のほか、恋愛エッセイも多数。新著に『大人恋愛塾』。

『おとなスタイル』Vol.4 2016夏号より

最終更新:10/18(火) 9:00

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。