ここから本文です

エマ・ワトソン主演×ビル・コンドン監督の実写版『美女と野獣』、2017年4月に日本公開

リアルサウンド 10/18(火) 7:00配信

 エマ・ワトソンが主演を務める映画『美女と野獣』が、2017年4月21日に日本公開されることが決定した。

 本作は、魔女の呪いによって野獣の姿に変えられてしまった王子と、美しく聡明な娘ベルの恋模様を描き、アニメーション映画史上初めてアカデミー賞作品賞にノミネートされた、1991年のディズニー・アニメーション映画を実写映画化したもの。

 『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソンが主人公ベル、『ザ・ゲスト』のダン・スティーヴンスが野獣を演じるほか、『ハイ・ライズ』のルーク・エヴァンスらが出演。『ドリームガールズ』『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』のビル・コンドン監督がメガホンを取る。

 あわせて公開されたファーストビジュアルでは、雪が降るなか霜で凍ったガラスケースの中に、一輪の真紅のバラが咲いている模様が捉えられている。

リアルサウンド編集部

最終更新:10/18(火) 7:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。