ここから本文です

DeNA山崎、西武秋山……プロ志望届提出も1度はドラフト指名から漏れた主な現役選手

ベースボールチャンネル 10/18(火) 11:00配信

高校で指名されず、大学からプロへ

 今年もドラフト会議の季節がやってきた。

 10月20日のプロ野球新人選手選択(ドラフト)会議を経て、来季からNPBでプレーする選手が決まる。昨年は支配下88人、育成28人の計116人が指名された。

 現役選手(2016シーズン終了時点)のなかには、高校時代にプロ入りを希望するも指名されず、大学やあるいは社会人チーム、独立リーグを経て指名された選手がいる。

 まず、高校時代にプロ志望届を提出するも、指名されず大学に進学して、その後ドラフト会議で指名された選手は2006年以降だと以下の10選手だ。

・秋山翔吾(2010年ドラフト3位)
横浜創学館高。2006年ドラフト会議で指名なし→八戸大→西武

・木谷良平(2011年ドラフト2位)
小倉高。2007年ドラフト会議で指名なし→日本文理大→ヤクルト

・福谷浩司(2012年ドラフト1位)
横須賀高。2008年ドラフト会議で指名なし→慶應義塾大→中日

・杉浦稔大(2013年ドラフト1位)
帯広大谷高→2009年ドラフト会議で指名なし→國學院大→ヤクルト

・陽川尚将(2013年ドラフト3位)
金光大阪高。2009年ドラフト会議で巨人からの育成指名を受けるも入団拒否→東京農業大→阪神

・山崎康晃(2014年ドラフト1位)
帝京高。2010年ドラフト会議で指名なし→亜細亜大→DeNA

・戸根千明(2014年ドラフト2位)
石見智翠館高。2010年ドラフト会議で指名なし→日本大→巨人

・青柳晃洋(2015年ドラフト5位)
川崎工科高。2011年ドラフト会議で指名なし→帝京大→阪神

・呉念庭(2015年ドラフト7位)
岡山共生高。2011年ドラフト会議で指名なし→第一工業大→西武

・多和田真三郎(2015年ドラフト1位)
中部商業高。2011年ドラフト会議で指名なし→富士大→西武

高校から社会人・独立リーグを経てプロへ

 次の3選手は高校時代に指名されず、その後大学へ進まずに社会人を経てNPB入りした選手だ。

・高木勇人(2014年ドラフト3位)
海星高。2007年ドラフト会議で指名なし→三菱重工名古屋→巨人

・柿田裕太(2013年ドラフト1位)
松本工業高。2010年ドラフト会議で指名なし→日本生命→DeNA

・横山雄哉(2014年ドラフト1位)
山形中央高。2011年ドラフト会議で指名なし→新日鉄住金鹿島→阪神

 また、読売ジャイアンツの土田瑞起のように、鎮西学院高時代に指名されず、独立リーグに進んで夢をつかんだ選手もいる。

 土田は、鎮西学院高時代にプロ志望届を提出も2007年のドラフト会議で指名されず、四国九州アイランドリーグ(四国九州IL)の長崎セインツに入団。その後、2011年のドラフト会議で育成2位指名を受け、巨人に入団した。

 埼玉西武ライオンズの水口大地は、大村工業高時代にNPBドラフト対象外でプロ志望届を提出し、四国九州ILの長崎に入団。2012年に育成ドラフト1位で西武に入団している。

1/2ページ

最終更新:10/18(火) 14:12

ベースボールチャンネル