ここから本文です

「世界一栄養がない野菜」はきゅうり

ライフハッカー[日本版] 10/18(火) 20:10配信

こんにちは。ココロ社です。

ギネスブックに「世界一栄養がない野菜」という項目があるのですが、この不名誉な世界一になっているのは、おなじみの「きゅうり」です。いちおう、ビタミンCが含まれていなくはないですが、それでもイチゴの4分の1程度です。きゅうりマニアならともかく、「好きじゃないけど、まあ健康のために食べとくか」と思っている程度の方は、もう食べなくていいかもしれないですね...。
 
このあたりの食物の栄養情報に詳しいサイトといえば、グリコの「栄養成分ナビゲーター」。食品ごとのカロリーが書いてあるサイトは多いですが、グリコはさまざまな食材の成分を網羅しており、複数の食材を選択して比較することも可能。「さすが」と唸ってしまいます。

ちなみに、ナスも巷の噂通り栄養控え目のようです。白菜やレタスも今一歩ですし、野菜を摂ってると思っていても、実は栄養少な目のものばかりである危険性もありますよね。

食べ物の栄養に詳しくないと「野菜ならなんでも体にいい」と思ってしまいがちですが、キュウリやナスは、あくまで嗜好品と考えておくほうが精神衛生上よさそうですね。まあタバコに比べると体に悪影響はないし、嗜好品として考えるなら優秀ですし......。


(ココロ社)

最終更新:10/18(火) 20:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。