ここから本文です

イ・ビョンホン妻 出産後も変わらぬ美貌に韓国メディアが殺到

女性自身 10/18(火) 17:37配信

イ・ビョンホンの妻で女優のイ・ミンジョン(34)が18日午後、ソウル中区東大門デザインプラザ(DDP)で開かれている「2017 S/ S HERAソウルファッションウィーク」のBIG PARKのショーにゲストとして出席した。

イ・ミンジョンといえば、昨年3月に第一子となる男の子を出産。公式の場への登場は久しぶりとなるが、相変わらず抜群の美貌とプロポーションを披露。すぐさま多くの韓国メディアに囲まれるなど、その注目の高さがうかがえた。

「2017 S/ S HERAソウルファッションウィーク」は、41のデザイナーブランドや6つの企業が参加する一大イベント。ソウルコレクションと新進デザイナーのコレクションが開催され、18日から22日まで東大門デザインプラザで開催されている。

最終更新:10/18(火) 17:37

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。