ここから本文です

WINNERナム・テヒョン 13歳年上女優との熱愛報道が浮上

女性自身 10/18(火) 17:45配信

18日午前、WINNERナム・テヒョン(22)に熱愛報道が浮上した。お相手は女優のチョン・リョウォン(35)。知人の紹介で会った後、恋人関係に発展。1年間の交際を続けているという。

現在、WINNERはナム・テヒョンの心的な健康問題のため無期限活動中止状態。だが韓国メディアによると、WINNERの休止発表数日前にも2人は新沙洞カロスキルのカフェで仲良くデートを楽しんでいたという。

またWINNERが忙しく活動をしていた時期にはチョン・リョウォンが直接宿泊施設周辺まで出向き、ナム・テヒョンに会っていたともいわれている。チョン・リョウォンが1981年生まれなのに対し、ナム・テヒョンは1994年生まれ。2人が13歳の年の差であることも、韓国では話題となっている。

チョン・リョウォンの所属事務所キーイーストは「本人に確認した結果、熱愛説は事実ではなく、知り合いであるだけだ」と答えた。いっぽうナム・テヒョンの所属事務所YGエンターテイメントは沈黙を守っている状態だ。

最終更新:10/18(火) 17:45

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。