ここから本文です

香川、CL出場が確実に。耐えて掴んだチャンス、“責任感と経験値”で若きドルト救えるか

フットボールチャンネル 10/18(火) 10:32配信

 現地18日、ドルトムントはアウェイでスポルティング・リスボン戦を戦う。香川真司は出場の可能性が濃厚。今季CL初出場となる見込みだ。BVBは勢いはあるが、若さが仇となることがある。厳しい戦いでは、香川の持つ経験値が活きるはずだ。(取材・文:本田千尋【リスボン】)

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

デンベレとのコンビで香川は出場が濃厚

 今季CL初出場なるか。2016年10月18日のチャンピオンズリーグ(CL)グループF第3節、ボルシア・ドルトムントはアウェイでスポルティング・リスボンと戦う。

 2試合を消化してドルトムントはグループFの首位に立った。2位のレアル・マドリーとは勝ち点4で並んでいるが、得失点差で上回っている。初戦でレアルを相手にアウェイで1-2のスコアに持ち込んだように、スポルティングは簡単な相手ではない。しかし、ここで勝利を収めればグループ後半の戦いが大分ラクになる。是が非でも勝ち点3を持ち帰りたいところだ。

 スポルティング戦では、香川真司が先発する可能性がある。14日のヘルタ・ベルリン戦で60分から途中出場した香川は、ともに出場したデンベレと並んでインサイドハーフに入ると、前半は停滞していた攻撃を一変させた。

 10番タイプとウインガーが中央でコンビを組んだことで、攻撃にリズムと奥行きがもたらされ、敗色濃厚だったドルトムントは1-1のドローに持ち込むことに成功。PKの場面もあったことを考えれば、勝ち越していてもおかしくなかった程だ。

 ヘルタ戦でトップ下のポジションで先発したゲッツェは、ヘルタのタイトかつハードな守備の中でパフォーマンスを発揮できず、60分に退いている。もちろんスポルティング戦で香川とゲッツェの両選手が先発する可能性もある。

 しかし起用法を振り返ると、トゥヘルはインサイドハーフに10番タイプを並べることを好んでいないようだ。ヘルタ戦の出来を振りかえれば、スポルティング戦のインサイドハーフは[香川+デンベレ]でスタートするのではないだろうか。少なくとも香川は、今季のCLで初めての先発となるだろう。

1/2ページ

最終更新:10/18(火) 10:43

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。