ここから本文です

ハリルが求める「190cmのGK」。低身長認める西川の自負。林とシュミットが生む新たな競争【識者の眼】

フットボールチャンネル 10/18(火) 12:01配信

 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、17日から19日にかけてGKのみの候補合宿を行っている。ハリルホジッチ監督は理想のGK像のひとつに「190cm以上あること」を挙げているが、代表正守護神を務める183cmの西川周作の他、いまだA代表出場歴のない195cmの林彰洋や候補合宿初招集となった196cmのシュミット・ダニエルは静かに意欲を燃やしている。ハリルJの代表正守護神奪取に向けて、190cmを持つ者と持たざる者の戦いが繰り広げられることになりそうだ。(取材・文:河治良幸)

【W杯アジア最終予選】グループステージ順位表

ハリル、異例のGK合宿で掲げた理想像

 ハリルJのGK合宿は17日から西川周作(浦和レッズ)、東口順昭(ガンバ大阪)、林彰洋(サガン鳥栖)、櫛引政敏(鹿島アントラーズ)、候補合宿初招集となる中村航輔(柏レイソル)とシュミット・ダニエル(松本山雅)の6人を集めて行われている。

「A代表で合宿する時間は少ない。クラブでのトレーニングがかなり重要になってきます」とヴァイッド・ハリルホジッチ監督。8月から新しく加わったルグシッチGKコーチが指揮官とともに、19日の午前まで4回のトレーニングと宿舎でのミーティングで選手たちを指導し、クラブに持ち帰るためのメッセージを伝えていく。

「キーパーは本当に色んなトレーニングが必要になってきて、現代フットボールがそれを要求していますよね」

 そう語るハリルホジッチは取材陣の「理想のGKは?」という質問に対し、「現代フットボールでは、まず190cmないといいキーパーとは言えない」と切り出し、マヌエル・ノイアーの名前を挙げた。ブラジルW杯でハリルホジッチ監督率いるアルジェリアと対戦し、120分間に渡り世界王者を苦しめたチームの前に敢然と立ちはだかったドイツ代表の守護神だ。

 サイズが大きいだけでなく、技術、反射神経、メンタルをハイレベルに備える。そして「リベロの様なポジションを取って、背後のボールを彼が全てコントロールしている。ただしっかりコントロールしたあと、組み立てにも参加できる」(ハリルホジッチ監督)など、総合的に優れた世界最高レベルのGKであることは間違いないが、まずサイズの話が出たことはハリルホジッチがスタンダードとして基準に達しているGKを求めていると見て間違いない。

1/3ページ

最終更新:10/18(火) 12:17

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ