ここから本文です

レアルが“31歳の司令塔”モドリッチと、2020年までの契約延長で合意

Football ZONE web 10/18(火) 21:13配信

クロースに続き現行契約を2年延長へ

 レアル・マドリードはクロアチア代表MFルカ・モドリッチと、2020年6月までの契約延長で合意に達したことを発表した。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 31歳の司令塔は2012年に移籍金3000万ユーロ(約34億円)でトットナムから加入。2度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝に貢献した。従来の契約では2017-18シーズン終了時で契約満了となるはずだったが、このたび2年間延長したことになる。

 レアルは18歳未満の選手の国際移籍を制限するFIFAの規定に違反し、来年1月と来夏の移籍市場で補強禁止処分を受けていた。主力の残留が重要事項となっているレアルは、ドイツ代表MFトニ・クロースと2022年まで契約を延長したばかり。「BBC」と呼ばれるギャレス・ベイル、カリム・ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウドの3トップを操る司令塔コンビの残留は、マドリディスタにとって何よりの朗報になりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/18(火) 21:13

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。