ここから本文です

過去作再現ライブ、楽曲とリスナーの関係性どう写す? GRAPEVINEとTRICERATOPSを例に考察

リアルサウンド 10/18(火) 18:01配信

 ここ数年、“過去作再現ライブ”が盛り上がりを見せている。

 世界的には、ザ・ビーチ・ボーイズをはじめ、クラフトワークやジーザス&メリーチェイン、イエス、日本でもくるりやサニーデイ・サービス、GRAPEVINE、TRICERATOPSらが、過去に発表したアルバムを曲順のまま演奏し、“再現”するライブを行っている。

 リリース記念として、新作を“再現”と称して曲順通りに披露するアーティストは珍しくない。また、リリースがなくとも、たとえばファン投票でセットリストを決めたり、カップリング曲だけを披露するなど、ひとつのコンセプトを設けたライブも最近はよく耳にするようになった。しかし、前述したように活動歴の長いバンドが、初期にリリースしたアルバムを今再びライブで披露するというのは、そういった“企画ものライブ”とは異なる特別な意味を担っているように思う。

 先日9月24日、GRAPEVINEとTRICERATOPSの、それぞれのデビュー・アルバム『退屈の花』『TRICERATOPS』を再現するツアー『IN A LIFETIME 2016』が、仙台でファイナルを迎えた。筆者はそのツアー初日、東京・NHKホール公演に足を運んだ。

 2014年、GRAPEVINEは2ndアルバム『Lifetime』(1999年リリース)の再現ライブを東名阪で開催。アルバム名にちなんで、そのツアーは『IN A LIFETIME』と名付けられた。今回のTRICERATOPSと共に回ったツアーも、そのタイトルを引き継ぎ、第2回として行われた。GRAPEVINEとTRICERATOPS。デビューしたのは共に1997年。当サイトでは昨年、田中和将と和田唱によるフロントマン同士の対談(参考:TRICERATOPS和田唱×GRAPEVINE田中和将 特別対談 前編http://realsound.jp/2015/01/post-2147.html/後編http://realsound.jp/2015/01/post-2186.html)も実施したが、2バンドはデビュー当時から交流があり、それ以降も何度も共演しているし、2マンライブも数回行っている。しかし、共に全国を回る2マンツアーは今回が初。しかも、それがデビュー・アルバムの再現ライブということで、発表時からファンの間では大きな話題を呼んでいた。

 TRICERATOPS(以下、トライセラ)は、結成当初のオリジナルメンバーから成る3ピースバンド。デビュー当時から「踊れるロック」をテーマに、ディスコビートを大胆に取り入れてきた。1stアルバムから最新作『SONGS FOR THE STARLIGHT』まで、そのスタンスは変わらない。しかし、そのキャリアに安住することなく、毎回新たな実験を試み、フレッシュかつロマンチックな高揚感をもたらす、トライセラなりの「ダンス・ロック」を追い求めてきた。

 今では曲によっては、キーボードやシンセなども同期させ使用することもあるが、この日のライブは当時と同じく、ギター、ベース、ドラムの基本編成。しかし、それが単調にはならずにカラフルに聞こえるのは、多くの曲にコーラスを多彩に取り入れているのも理由のひとつだろう。また、和田の甘い歌声も、デビュー当時から変わらない。「ロケットに乗って」は、今でも彼らがこだわり抜いているギターのリフが軸になっており、メジャー・デビュー曲「Raspberry」「プレゼント」などでは、トライセラならではのメロディのフックが光っていた。

 また、コール&レスポンスや手拍子を煽ったり、ハンドマイクでステージ上を歩き回る和田のエンターテイナーっぷりも、トライセラのライブの楽しみのひとつ。ラストの「My Skywalker's T-Shirt」では、ベース、ドラム、ギターと各楽器のソロパートやセッションを曲中に織り交ぜ、その熱量のこもった抜群のバンド・アンサンブルはまさに阿吽の呼吸で、3人の熟練のコンビネーションを感じさせるものだった。

 一方、GRAPEVINE(以下、バイン)の『退屈の花』は、病気療養のため2002年にバンドを脱退した西原誠(B)を含むオリジナル・メンバーの4人で制作したデビュー・アルバム。全員が曲を作ることもあり、GRAPEVINEというバンドのレンジの広さは、当時から顕著だった。王道の歌ものやロックンロール・ナンバー、ジャム・セッションから派生した曲などアルバムを重ねながら音楽性を広げ、深めてきたバイン。今年2月にリリースした14枚目のアルバム『BABEL,BABEL』では、高野寛がサウンド・プロデュースを務めた曲も収録されたが、これまでにも、根岸孝旨や長田進をプロデューサーに迎えたり、また時にはセルフ・プロデュースで、常に新しい刺激を求めながらコンスタントに作品を発表してきた。今回の再現ライブでも、曲によってはテルミンやリコーダーを使うなど、その定型にはまらない柔軟さが発揮されていたように思う。

 初期の代表曲でもある「君を待つ間」や「そら」はもちろんだが、アルバム収録曲「涙と身体」や「愁眠」での、年を重ね深みと表現力の増した田中の歌は、バンドが積み重ねてきた歴史の表れだろう。観客を終始エンターテインし続けたトライセラと比較し、バインは常にたゆまぬ緊張感を生み出していた。バインはオーディエンスも含めたライブの空気作りが巧みだ。初期のバインは、蒼く鬱屈としたムードの曲が多い印象があるが、この日も『退屈の花』本来のシリアスでヘヴィな感触は残したままだった。

 両バンドとも、ライブの見せ方はそれぞれ違っていた。しかし、共にライブの主役はオーディエンスにあった、という部分では共通していたのでないだろうか。『TRICERATOPS』と『退屈の花』を聴いて胸を打たれた当時の記憶を呼び起こす手助けをしてくれる、そんな風にすら感じるステージだったのだ。この2枚のアルバムを通して、同じ時代、同じ感覚を共有してきた人々に向けて、今改めてその曲たちを鳴らすーー今回の再現ライブは、その往年のファンとパーソナルなコミュニケーションを育む、ファン・サービス的な側面もあったのかもしれない。

 もちろん、再現ライブは決して過去を懐かしむためだけのものではない。20年近くバンドを続けていれば、個々の演奏スキルやバンドのグルーブは向上するし、その曲をどう表現するのか、その選択肢がより自由になり、表現力も豊かになっていく。その培ってきた経験をもとに、GRAPEVINEもTRICERATOPSも、当時の音源をそのまま再現するだけではなく、2016年のバンドの現在地を刻み、そしてこれから先の未来をも予感させるステージを見せていた。そして、そうすることで、集まったファンもアルバムの楽しみ方を再発見できたのではないだろうか。

 再現ライブは、作品の細部まで味わうことで、より濃い音楽体験をすることができる。そして、リスナーも、発売当時、あるいは初めてそのアルバムに出会った時から、その曲を繰り返し聴いて自分なりに解釈して楽しんでいる。そのように、ひとりひとりが積み重ねてきた記憶と音楽が強く結びついているからこそ、再現ライブには、どこか親密で特別な雰囲気が漂っているのだろう。再現ライブを行っているのは、その時々の流行を追いすぎるわけではなく、かと言ってまったく無視するわけでもなく、淡々と活動を続け、今では他に類を見ないオリジナルな立ち位置を築いたバンドばかりだ。再現ライブは、誰だって開催できるものではない。流行と絶妙に距離をとりながらも、時代が巡っても、なお色褪せない曲を生み出すことで愛されてきた者だけの、特権なのかもしれない。

若田悠希

最終更新:10/18(火) 18:01

リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。