ここから本文です

インテル、早くも監督交代か。後任に元ローマ指揮官の名前が浮上

フットボールチャンネル 10/18(火) 23:39配信

 今年8月にインテルへやってきたばかりのフランク・デ・ブール監督に、早くも解任の噂が立っている。17日に伊メディア『ライ・スポルト』が伝えている。

16/17セリエA【最新順位表】

 インテルは今季開幕直前、2014年11月よりチームを率いていたロベルト・マンチーニ監督と契約を解除した。これにともなって後任にデ・ブール監督招聘。しかし、チームは波に乗り切れず現在11位に沈み、最近は公式戦4試合勝ちなしと低迷している。

 先日行われたセリエA第8節で昇格組のカリアリにホームで敗れ、その結果に納得できないインテルの新オーナーは、デ・ブール監督の将来を議論の対象としたようだ。そこでローマの前監督であるルディ・ガルシア氏が後任候補の1人に浮上したという。

 ガルシア氏は、今年の1月に成績不振が原因でローマを追われた。同氏はローマとの契約を2018年まで残したまま解任されたため継続して収入を受け取っているが、ビッグクラブでの指揮を望んでおり、これまでバレンシア、マルセイユ、ベルギー代表、そしてアルジェリア代表のオファーを断ったと報じられている。

 インテルは現地時間20日、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第3節で日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦する。ここまで2連敗でグループ最下位に沈んでおり、デ・ブール監督にとって失敗が許されないこの試合の結果は将来を決めるための判断材料とされそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:10/18(火) 23:46

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。