ここから本文です

珍スポットの面白さ=インディーズの面白さ? 小嶋独観×吉田悠軌の珍スポット対談本

ダ・ヴィンチニュース 10/18(火) 17:30配信

 音楽や映画などの業界には「インディーズ」という言葉がある。辞書的な意味は「大手の系列に入らず、自主制作している音楽会社や映画会社。また、その作品」というものだが、「内容が荒削りなものもあるが、既存の価値観や慣例にとらわれない面白いものもある」というのもインディーズ作品の特徴と言えるだろう。

 ウェブサイト「珍寺大道場」道場主の小嶋独観氏と、オカルト研究家の吉田悠軌氏の対談本『考える「珍スポット」 知的ワンダーランドを巡る旅』(文芸社)は、タイトル通り珍スポットの本。同書の序盤には「インディーズの神様」「インディーズの石仏群」といった言葉とともに、脱力感に溢れたおもしろい仏像が多く登場する。それを解説する「技術が伴うか、伴わないかじゃなく、とにかく作る」「自分の情念や想いを優先」という小嶋氏の文章を読んでいて、「そうか、こういう仏像の魅力は、『インディーズ』の面白さだったんだ!」と深く合点がいった。

 ちなみに、作り手の無意識が発露するインディーズの仏像が増えたのは、コンクリート素材が仏像づくりにも使えるようになった……という素材の変化が関係しているそうだ。そのあたりも、録音機材、撮影機材の進化で、音楽や映画のインディーシーンが変化するのと似ていて面白い。

 ほかにも本書には、“珍スポットを考える”うえで「なるほどなぁ」と思える視点が数多く登場する。

 たとえば、実際に殺人事件が起こった場所を例に挙げながら、心霊スポットを「脱世間、反世間、反社会的な人たちが集う空間」として捉える視点。そして、そこで起こった事件は怖い話としてフィードバックされ、その場所の心霊スポット性は増していく……。そんな心霊スポットを探訪することは、「死の世界を見て戻ってくること」であり、「通過儀礼、イニシエーションの役割を果たしている」というのが吉田氏の解説だ。

 また「ピースポールは戦後左翼思想的な流れを汲んでいるのでは」という吉田氏の指摘も興味深かった。ピースポールとは「世界人類が平和でありますように」という文字が書かれた角柱のこと。街中で見かけるたびに、「こんなものを色んな場所に建てるなんて面白いなぁ」と思ってはいたが、ポールを建てることで平和を祈る……という行為には、確かにどこか懐かしく牧歌的な左翼の空気が感じられる。

 珍スポットや脱力スポット、心霊スポットは、誰でも笑ったり驚いたり、怖がったりして楽しめるものだ。だが、本書はさらに一歩踏み込んで、「なぜそれを面白く感じられるのか」という部分まで、的確な言葉で分析している。もちろん数多くのスポットが写真とともに紹介されているので、ガイド本としてもオススメの一冊だ。

写真=小嶋独観 文=古澤誠一郎

最終更新:10/18(火) 17:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。