ここから本文です

マルーン5のポケモンGoをテーマにした新曲MVを見る

ローリングストーン日本版 10/18(火) 12:00配信

マルーン5、失恋を歌ったニュー・シングル『Don’t Wanna Know』のMVでポケモンGoを思わせるキャラクターに扮し、アダム・レヴィーンとメンバーたち、携帯を手に追いかけてくる群衆から逃げ回った。

【動画あり】マルーン5のポケモンGoをテーマにした新曲MVを見る

マルーン5は、ニュー・シングル『Don’t Wanna Know』のMVで、ポケモンGo人気に飛び乗った。大きなポケモンの着ぐるみに身を包んだアダム・レヴィーンは、コンヴァーティブルに乗り、ジムに行き、ボトルから酒を飲むといった日常生活を送ろうとするが、スマホを手にしたポケモン探しに夢中のポケモン中毒の群衆に追いかけられて逃げるはめになる。レヴィーンの以前のMVにも出演した、エド・ヘルムズ、サラ・シルヴァーマンを始めとする他のセレブ達も、同じように追いかけられる役で出演している。

このシングルは、ケンドリック・ラマーの歌詞をフィーチャーしているが、ラマーはこのMVには、人間としてもポケモンとしても出演していない。『Don’t Wanna Know』は、レヴィーンの失恋の歌詞とソフトでのんびりしたビートが対象的だが、ラジオ番組の製作者たちは、この曲がシーアの『チープ・スリルズ』やメジャー・レイザーの『リーン・オン』などの後のプレイリストに入れやすいことに気付くだろう。トーリー・レインズの『Luv』やメジャー・レイザーの『コールド・ウォーター』に最近、同様のスタイルを採用したベニー・ブランコが、この曲の共同プロデュース/共作としてクレジットされている。

映画『ウエディング・クラッシャーズ』も監督したデヴィッド・ドブキンがこのMVを監督し、最後のシーンではヴィンス・ヴォーンが『ウエディング・クラッシャーズ』風にカメオ出演している。映像の中盤で、ドブキンは短い撮影風景を入れた。カメラマンに撮影を中断させ、レヴィーンにポケモンの着ぐるみの上にカウボーイ・ハットをつけるよう勧める。「どうかなぁ」とレヴィーンは言う。「なんだか、アホに見えないかな?」

Translation by Kise imai

ELIAS LEIGHT

最終更新:10/18(火) 12:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。