ここから本文です

「働く既婚女性」が不倫にハマる超単純な理由

東洋経済オンライン 10/18(火) 6:00配信

筆者は女性誌の編集者として、20年近く“働く女性”を取材し続けてきた。ここ数年の変化として顕著に感じるのは、稼ぐ女(妻)は不倫するということ。
既婚者の恋愛は、かつてはタブーだった。しかし、女性が経済的に自立し男女の立場が同じになり、東日本大震災で“自分の人生をやりたいように生きる”と考える人が増えた。そんな背景もあり、恋愛する既婚女性が増えていることを感じ、彼女たちの背景を取材したのが、『不倫女子のリアル』(小学館新書)だ。取材を通して感じたのは、不倫するのは美男美女だと思い込んでいたがそうではないこと。容姿が多少劣っていようとも、子どもがいようとも変わらない。経済力があれば、子どもをベビーシッターに預けて恋愛に興じる時間を確保できるからだ。

■“欲求不満そうなオバサン”を演出

取材対象者 松本桃子さん(仮名、40歳)
年収:500万円
夫の職業:柔道整復師(42歳)
最終学歴:有名女子大学
容姿レベルと体型:身長170センチ標準体型
好きなブランド:PLST、ZARA
結婚年数と子どもの数:13年 10歳の息子、7歳の娘
経験人数(婚前/結婚後):5人/5人
 松本桃子さん(40歳)は、大手外資系保険会社の正社員だ。営業から企画職を経て、今はコーチングを行っている。大柄で華やか、“おばさん”と彼女を表現する人もいるだろうが、そういう中傷的な意味合いを含む表現も温かく包み込むような女性だ。彼女の話を聞いていると、本当にモテる。20代~50代の男性が、彼女に欲情しているのだ。

 「ある種の男は、自分より尊敬できる女性には、性的に興奮しないのよ。私はちょっと“欲求不満そうなオバサンだな”と、何段も下に見られるような演出ができるから誘いが来るんだと思う。そう思ったのは、夫以外の男性と恋愛関係になって、最初のドキドキが抜けたあたりから」

 桃子さんの持論は、夫は自分の子どもを産み育てている妻を尊敬する。尊敬する相手に対して男の多くは欲情しない。だから尊敬する妻とはレスになる。

1/3ページ

最終更新:11/17(木) 16:10

東洋経済オンライン

東洋経済オンラインの前後の記事