ここから本文です

伊藤穰一氏が説く「ナウイズム」/Take matters into one's own hands(自らの手で対応する) - ロッシェル・カップ TEDで学ぶLive English

ニューズウィーク日本版 10/18(火) 6:25配信

【今週のTED Talk動画】 Want to innovate? Become a "now-ist" http://www.ted.com/talks/joi_ito_want_to_innovate_become_a_now_ist

登壇者:伊藤穰一

 MIT (マサチューセッツ工科大学)のMedia Labはイノベーションの世界でよく知られており、このTEDトークでは、そのディレクターである伊藤穰一氏が物事の進め方に関する独自の考え方を紹介している。インターネット時代以前は、未来学が尊重されていて、将来を予測しようとする動きが活発であったが、伊藤氏はそのアプローチは今の時代に合っていないと主張する。

 代わりに彼が推薦するのは、許可が得られるのを待ったり、さまざまな計画を練ったり、自分が正しいかどうかについての証拠を待つよりは、自分が作りたいものを早く作り、それを絶えず改善していくやり方である。現在の興味深いプロジェクトは全てそういったやり方で進められているそうで、彼はこのトークでその具体例を多数紹介している。このTEDトークは自分の仕事の進め方を再考する良いきっかけになるだろう。

【参考記事】 MITメディアラボ所長 伊藤穰一が考える「AI時代の仕事の未来」
【参考記事】 MITメディアラボ所長 伊藤穰一が考える「社会参加型人工知能 」

キーフレーズ解説

Take matters into one's own hands
自らの手で対応する
(動画1:15より)

 Take matters into one's own handsというのは、本来あることをするべき立場の当局者や担当者がそれをやっていない時に、代わりに自分で何とかしようとすることを意味します。要するに、自分の手によって問題に対処するということです。

 例えば3.11の後、伊藤氏を含む一部の人々は福島の原発事故により放出された放射線について心配し、日本にいる家族の安否を確認したかったにもかかわらず、テレビで東京電力や政府当局の話を聞いても有益な情報を全く得られなかったそうです。そのため、彼らは対策として、インターネットを使ってtake matters into my own handsをしようとしていたそうです。

 ここでいくつか使用例を紹介します:

●When the police failed to catch her father's murderer, she decided to take matters into her own hands and look herself.
(警察が彼女の父を殺した犯人を捕まえられなかった時、彼女は自らの手で探すことを決意した)

●When crime escalated, the neighbors took matters into their own hands and hired a security patrol.
(犯罪が増加した時、地域の人々は自らの手で対応し、お金を出して巡回する警備員を雇った)

●His wife refused to discipline the children so he had to take matters into his own hands.
(妻が子供のしつけを断ったため、彼は自分でしなければならなくなった)



登場するボキャブラリー

【fluke】偶然の出来事、不測の事態、頻繁に起こらない出来事。伊藤氏は、彼がほかの未経験者たちと共に放射線量を測定・公開するネットワークを作れたのはflukeではないと言っています。

【Moore's Law】ムーアの法則、Intel社(米国の半導体メーカー)の共同設立者の1人であるGordon Moore博士が1965年に発表した法則で、「半導体の集積度は18カ月ごとに倍になる」というもの。

【stodgy】四角四面の、古くさい、古風な。従来の組織や機関はstodgyだと、伊藤氏は言及しました。

【deploy】配備する、配置する、展開する。伊藤氏によると、現在はとても低いコストで物事を世界にdeployできるそうです。

【fiddle with】~をいじる。中国・深セン市で伊藤氏が見たのは、製造設備をfiddling withして、イノベーションを起こしている若者たちだったそうです。

【fellow】特別研究員。MIT Media Labの次のfellowとして、伊藤氏は深セン市で携帯電話にイノベーションを起こしている起業家を誰か招待したいと言っています。

【present】今のこの瞬間を生きる。伊藤氏がこのトークの聴衆に推薦しているのは、be super presentであることです。

ロッシェル・カップ

最終更新:10/18(火) 6:25

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・ 6号
11/29発売

460円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。