ここから本文です

中絶してホッとする女性はこんなに多い──ネットで買える中絶薬利用、終身刑のリスクも

ニューズウィーク日本版 10/18(火) 19:00配信

<終身刑と脅されても中絶を選びたい女性たちに朗報。罪悪感より解放感を感じた女性は他にもたくさんいる>

 アイルランドと北アイルランド出身の数千人の女性は、ウェブサイトで入手した薬で人工妊娠中絶を行って良かった、と口をそろえる。彼女たちにとって唯一の心残りは、そのために法律を破らなければならなかったことだ。

 アイルランドも北アイルランドも、中絶を厳格に禁止している。だが2006年から、オランダに本部を置くNGO「ウィメン・オン・ウェブ(Women on Web)」がオンライン診察を開始、条件を満たした女性には、妊娠10週までの中絶に対応できるミフェプリストンとミソプロストールの2種類の錠剤を送っている。

【参考記事】「中絶ドローン」がポーランドへ飛ぶ

 2010年1月から2015年12月までの6年間で、5650人の女性が同ウェブサイトを通じて自宅でできる中絶薬を注文し、そのうち97%という圧倒的多数が正しい選択だったと感じていた。

7割が味わった「解放感」

 英医学専門誌「British Journal of Obstetrics and Gynaecology」で発表された報告によると、女性が中絶後に寄せる感想で最も多かったのは「解放感(70%)」や「満足感(36%)」だ。

 多くの女性が、望まない妊娠をしたことや中絶のための海外渡航費を工面できないことなどが原因で、深刻な精神的ストレスを抱えていた。経験者の98%が、同じ境遇の女性がいればウェブサイトで中絶薬を注文するよう勧めるだろうと回答した。

【参考記事】アメリカ最高裁、中絶制限のテキサス州法を無効と判断

 以前まで、中絶を望むアイルランドの女性はわざわざイギリスまで行かなければならなかった。1970~2015年の間にアイルランドから18万797人、北アイルランドから6万1311人の女性が中絶のためにイギリスへ渡った。

 北アイルランドで中絶薬を入手したり他人の利用を助けたりすれば、刑事告発される可能性があり、量刑も最高で終身刑が科せられる。

ルーシー・クラーク・ビリングズ

最終更新:10/18(火) 19:00

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・13号
12/ 6発売

460円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。