ここから本文です

発売から1ヶ月。ホンダ・フリードの初速発表。先進安全技術は8割以上に装着

clicccar 10/18(火) 8:03配信

2016年9月16日、2代目へとフルモデルチェンジを果たしたホンダのコンパクトミニバン「新型フリード/フリード+」。発売一か月での累計受注台数や人気オプションなどが発表されました。



10月16日時点での累計受注台数は2万7000台超。販売計画が6000台/月ですから、目標の4倍以上となるオーダーを集めたことになります。

1.5リッターガソリンと1.5リッターハイブリッドのパワートレイン、ボディも3列シートのフリードと2列シート+超低床ラゲッジのフリード+と、大きく4つの組み合わせに分けられますが、一番人気はハイブリッドのフリード。初期受注における構成比は次のようになっています。

フリード・ハイブリッド車:38%
フリード・ガソリン車:36%
フリード+・ハイブリッド車:15%
フリード+・ガソリン車:11%

人気グレードは先進安全装備「ホンダセンシング」を標準装備したもので、全体としてもホンダセンシングの装着率は82%と、ユーザーの安全意識は非常に高いものとなっているようです。

●フリード ハイブリッドGホンダセンシング(6人乗り・FF) 主要スペック
車両型式:DAA-GB7
全長:4265mm
全幅:1695mm
全高:1710mm
ホイールベース:2740mm
車両重量:1410kg
乗車定員:6名
エンジン型式:LEB
エンジン形式:直列4気筒DOHC
総排気量:1496cc
最高出力:81kW(110PS)/6000rpm
最大トルク:134Nm(13.7kg-m)/5000rpm
モーター型式:H1
モーター形式:交流同期電動機
モーター最高出力:22kW(29.5PS)/1313-2000pm
モーター最大トルク:160Nm(16.3kg-m)/0-1313rpm
変速装置:7速DCT
燃料消費率:27.2km/L (JC08モード)
タイヤサイズ:185/65R15
メーカー希望小売価格(税込):2,496,000円



(山本晋也)

最終更新:10/18(火) 8:03

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ