ここから本文です

稲川淳二、前立腺がんで入院中も「看護師を怪談で怖がらせていました」 がんに打ち克った4人の著名人(3)

デイリー新潮 10/18(火) 11:30配信

「自分を心配してくれる人の大切さ」を強調するのは、前立腺がんを患ったタレントの稲川淳二さん(69)である。

「大の病院嫌い」を自認する稲川さんが、診察を受けることになったのは、ある出来事がきっかけだった。

 それは93年以来続けている「怪談ナイト」というワンマンショーの真っ最中のこと。11年10月、都内で公演中、急に言葉が出なくなってしまったのだ。後に過呼吸が原因と分かるが、これを心配してくれたのが高校時代の親友たちだ。

「福岡公演の時、九州大学医学部教授とレントゲン技師になった親友2人に、強制的に病院に連れていかれて、検査されたんです。そしたら気になる数値があるから再検査だと言われ……」

 都内に戻って再び検査を受けたところ、前立腺がんと告知されたのである。横にいた事務所の社員は悲痛な顔をしていたが、稲川さんは意外と冷静だった。がんは初期のものと診断され、実際、医師の口調も深刻ではなかったからだ。

「初期なら、来年の怪談ナイト20周年イベントとかいろいろ忙しいから、手術は3年後にできないか」と医師に相談。しかし即座に却下されたという。

「あなたは60代なかば。今、手術しておけば、まだ仕事ができる。悪くなってから、手術しても助からないかもしれませんよ」

 稲川さんは観念した。

■看護師も怪談で怖がらせ…

 治療法を考えた時、「新しい手術方法」で受けたいと思った。そこで選択したのがロボット手術だ。巧いと評判の医師がいる、東京医科大学病院のドアを叩いた。

 手術は正味20分弱で済んだ。手術痕は、手術器具などを入れる際に開けた小さな孔が6カ所。虫に刺された痕のように赤くなっているだけで、手術が嘘のようだった。男性器機能は温存でき、術後のホルモン治療もなし。早期治療ならではの予後の良さである。

「入院は10日ほどでしたけど、夜、看護師をつかまえては、怪談を聞かせて怖がらせていました。看護師長からは、誰もいないはずなのに、勝手にテレビがつく部屋の話を聞けて、レパートリーに加えさせてもらった。とにかく収穫の多い入院でしたよ」

 稲川さんは5年前を振り返り、親友たちによる“強制検査”に感謝する。

「みんなの気遣いで命拾いしたようなものですからね。だから人との縁が切れると、人間って危ないかもしれない。病院に行けとうるさくいう人がいなくなるから」

“人の切れ目が、命の切れ目”になり得るということか。

「特別読物 がんに打ち克った4人の著名人 Part4――西所正道(ノンフィクション・ライター)」より

1947年生まれ。「稲川淳二の怪談ナイト」もツアーは10月まで。詳細はオフィシャルHP、http://j-inagawa.com/で。

西所正道(にしどころ・まさみち)
1961年奈良県生まれ。著書に『五輪の十字架』『「上海東亜同文書院」風雲録』『そのツラさは、病気です』、近著に、『絵描き 中島潔 地獄絵一〇〇〇日』がある。

「週刊新潮」2016年10月13日神無月増大号 掲載

新潮社

最終更新:10/18(火) 11:30

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。