ここから本文です

崖っぷち結婚相談所:好条件でも論外判定?婚活で最も避けたい「典型的な非モテ男」の正体

東京カレンダー 10/18(火) 5:20配信

典型的な結婚できない女、杏子、32歳。

慶應大学卒業後、丸の内の某外資系金融でセールス職に就き、年収は2,000万円を優に超える。

【この記事の全ての写真】

美人だがプライドが高くワガママな彼女は、男運が悪く全くモテない。さらにハイスペックゆえ、男が近寄りたくない女ナンバーワンとまで噂されている。

婚活に危機感を持ち始めた杏子は、結婚相談所に登録した。婚活アドバイザーの直人からアドバイスを受けつつ、2回目のマッチング相手・正木とは、イイ感じに。しかし、直人からは3回目のマッチングを勧められてしまい...?

キャサリン妃ご愛用の、ISSAのワンピースに身を包んだ杏子。しかし、その心境は...

週末の夕方、杏子は恵比寿のウェスティンホテルに足を運んでいた。3人目のマッチング相手、桜田に会うためである。

杏子は秋らしく、ボルドー色のISSAのワンピースに身を包んでいた。キャサリン妃愛用で有名なこのブランドの服は、長身でスリムな杏子の身体を、さらに美しく上品に演出してくれる。

ドアマンたちが杏子に送る視線は、一段と温かい。当然だ。自分ほどゴージャスに、このハイクラスなホテルのロビーを彩らせる女も、中々いないだろう。

しかし、お気に入りの服を着ても、ドアマンたちに賞賛の眼差しを向けられても、杏子の心はイマイチ後ろ向きであった。

待てど暮らせど、正木からの連絡がなかったからだ。

―あの夜は、一体何だったの...。

正木の抱擁を思い出すたびに、杏子の胸の奥は、ズキンと痛む。

しかしそんな状態でも、傷心に暮れている暇など一切ないと、直人は言った。

他の男のことで胸を痛めながら、新規の男ともマッチングに挑まなければならぬとは、婚活とは、なんと酷な道なのだろう。

好条件にも関わらず、難アリな性格のみが災いする男

マッチングも3度目ともなれば、これまでのような緊張感も、あまりなかった。杏子はいつの間にやら、婚活初心者ではなくなっているようだ。

余裕の足取りで『ザ・ラウンジ』の席へ向かうと、プロフィール写真で見たのと同じ、一本の線だけで成り立ったような幸薄顔の男が、すでに恐縮した面持ちで座っていた。

「...はじめまして...。桜田と申します...。ど、どうぞ、座ってください。」

桜田という男は、消えそうな細い声で言った。目線は斜め下の杏子の肩あたりを向いており、どうやら緊張で杏子を直視できない様子である。

「す、素敵なドレスですね...。とてもお似合いです...。」

「ありがとうございます。」

そんな桜田は、秋と言ってもまだ汗ばむ陽気が続く中、ツイード地のスーツを着て、ネクタイまでしっかりと締めていた。

彼なりの精一杯のお洒落なのだろう。しかし、真新しいスーツは彼の地味な顔にはマッチせずに浮いてしまっている。そして、やはり暑いのだろうか。額にはうっすらと汗が滲んでいた。

正直、今までの飯島、正木と比べると、桜田は論外と言えるほど、全く杏子のタイプではなかった。

1/3ページ

最終更新:10/18(火) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。