ここから本文です

『酒場放浪記』吉田類、酒を片手に頑張って新都知事のあるべき姿勢を語る

東京カレンダー 10/18(火) 5:20配信

一緒に飲んだ人、そしてテレビを観る人皆を、なんだか幸せな気分にしてくれる〝偉大なる酔っ払い〞吉田類。酒場を愛する粋な詩人の目線で、基本はおおらかに、時に厳しく、混迷する日本や世界情勢について語ります!

【この記事の全ての写真】

今回は前回も話題となった新都知事、2020年の東京オリンピックについて聞きました。(やはり酒を片手に)

Q.小池百合子都知事、就任後の仕事ぶりはいかがでしょう?「旧体制に負けずに推進!」

――小池百合子東京都知事が就任して2ヵ月。リオデジャネイロオリンピック閉会式での「フラッグ ハンドオーバーセレモニー」を見事に務めたほか、築地市場の豊洲への移転の延期決定、オリンピック組織委員会の費用検証など、大鉈を振るっている印象がありますが、どう思われます?

類「前回、僕はここで〝パワフルな女性知事に託してみよう〞と言ったけど、その思いは変わっていない。いいじゃないですか。宣言通り積極的に活動している印象だよ」

――築地の移転延期については市場関係者の意見も割れていて「よくやってくれた!」という声がある一方で「これまでコツコツと準備をしてきたのに、なんてことをしてくれたんだ」という怒りの声も。

類「怒っている人の気持ちはわからんでもないけれど、みんなの口に入るものを扱うわけだし、安全性に疑問があるという以上、徹底的に慎重にやってもらわないとねえ」

――設計にも問題があるようで、清掃に海水が使えない、各店舗の間口が狭いなどといった点が指摘されています。

類「うーん、この際時間やコストが許す限り、手直しすべきところは手直しするしかないんじゃないかなあ。なにか問題が起こってからでは取り返しがつかないよ」

――築地市場の跡地を環状二号線が通る計画になっているようで、市場の移転が延期になると、それに伴って道路工事の計画がずれ込む、という問題も抱えているとか。

類「日本はこれまで、先進国としてやってきた中で、環境問題に総じて無頓着だったと思うよ。そうしたことに伴う市場の移転問題にせよ、東京オリンピックの予算のことにせよ、みんなが長年うやむやにしてきてきたことを直視して、どうにかしようとする小池都知事の姿勢は大英断だよ。ああいうふうに群れずに動くことができるのは、実は女性の美点だと思うね」

――じゃあ、こうなったらとことん思う道を進むべき?

類「そう。ご本人が提唱している〝都民ファースト〞の視点を忘れず頑張って!」

1/2ページ

最終更新:10/18(火) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。