ここから本文です

加藤ミリヤ、一面の華の前でミステリアスなほほ笑み

Smartザテレビジョン 10/19(水) 1:22配信

10月19日(水)から9公演に及ぶ学園祭&ホールツアー「学園祭&ホール TOUR 2016 “RAINBOW WARRIOR”」がスタートし、12月からはFCメンバー限定スペシャルライブ「Loveheart Club & Mobile会員 “MILIYAH” 限定ツアー“歌の会 Vol.1” 2016冬」の開催も決定している加藤ミリヤ。

【写真を見る】加藤のTEASER映像は鬼才・務中基生監督が制作した

そんな加藤が12月7日(水)にリリースする、ニューシングル「最高なしあわせ」について、謎のTEASER映像が公開された。

数多くのアーティストのミュージックビデオやファッション映像を生み出してきた鬼才の務中基生監督が制作。

「最高なしあわせ」のTEASER映像では、一面の華の前でほほ笑んだり、森の中でさまよったり、どこか寂しそうな表情だったり、今まで見たことのないような加藤がそこに佇んでいる。

さらに「どうか愛は変わらないで」「キスをした日から覚悟決めてた」「全部夢だったのかもしれない」など印象的な言葉がつぶやかれている。

ニューシングル「最高なしあわせ」は最上級の幸せを感じているはずなのに、なぜか切ないメロディーで不思議な世界に引き込まれる楽曲に仕上がった。

カップリングにはかなわない恋を歌った「愛の国」と終わった愛を振り返っている「幻」が収録され、まるで1つの物語を読んでいるようなパッケージとなっている。

そんな1つの物語への加藤からのメッセージも同時に公開され、加藤の“愛”を歌った今作に期待が集まる。

■「最高なしあわせ」加藤ミリヤからのメッセージ(原文ママ)

しあわせになりたい。その想いはなんだかぼんやりとしていて実態がないのに、それはとても美しくて綺麗なものに思う。

愛し愛されて生きていくこと。それがしあわせの絶頂であると私は思っている。

だから私はいつまでも愛を探し、歌い続けているのかもしれない。

しあわせはひとりでも感じることはできるけれど、ひとりで感じるしあわせよりも誰かとそのぼんやりとした美しい想いを共有することが『最高なしあわせ』だと感じる。

愛こそすべてなのだ。しあわせを分かち合える誰かとは愛する人のことであって、その愛する人とのかけがえのない『愛の国』を見つけその国の中で生きられることは救いだと思う。

誰もその『愛の国』の存在を知らなくていい。ただその国の中にいる二人だけがとても強い愛で繋がっていて誰も立ち入ることはできない。

どんな場所でもいい。どんな形でもいい。そこに本物の愛があれば『愛の国』はどこにだって存在する。

たとえすべてが『幻』になったとしても私たちは強く愛されたという事実だけで生きていける。

未来の愛も、現在の愛も、過去の愛も、私たちを強くすることに変わりはない。

もっと愛を願い、もっと愛を信じよう。愛はいつだって私たちのすぐそばにあるのだから。

最終更新:10/19(水) 1:22

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。