ここから本文です

元拓大の箱根ランナー「モゼのスーパーチラシ」に効果アリ

NEWS ポストセブン 10/19(水) 7:00配信

 2年前の箱根駅伝2区で10人抜きを披露した拓殖大のダンカン・モゼ。その後、足立区を中心に36店舗のスーパーを展開するサンベルクスの陸上部に進んだが、同スーパーのチラシに独特の吹き出しで登場して話題となっている。

〈うなぎ食べたら力が湧いてきました! オラオラオラオラ……〉

〈わし。カキフライ好きじゃけんの。日曜1個50円。ブチ安いけー。いっぺん、食べてみんさい〉

 といった商品宣伝から、こんな吹き出しまである。

〈内緒だけど。ベルスポの目の前にある郵便局。ポケスポットです。仕事中、携帯さわったら、ボスに怒られました〉

 ちなみに「モゼが紹介した商品の売れ行きは良い」(鈴木優喜朗・同陸上部監督)という。

※週刊ポスト2016年10月28日号

最終更新:10/19(水) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。