ここから本文です

将棋界激震のカンニング疑惑 囲碁界は大丈夫か

NEWS ポストセブン 10/19(水) 7:00配信

 10月12日、将棋界に激震が走った──。日本将棋連盟が、三浦弘行九段(42)を年内の公式戦出場停止処分にしたと発表したからだ。ことの発端は、三浦九段が対局中に不自然な中座を繰り返すことから、スマートフォンの将棋ソフトを使って、いわゆるカンニングをした疑いを持たれたことによる。

 この事件は、将棋界だけでなく、一般のニュース番組でも詳しく採り上げられるなど世間の関心を集めたが、「お隣の世界」である囲碁界は大丈夫なのか。朝日新聞紙上で囲碁名人戦の観戦記を20年にわたって執筆している観戦記者の内藤由起子氏が解説する。

 * * *
 10月11日に将棋連盟が聞き取り調査を行った中で、三浦九段は「疑念を持たれた状況では対局できない」として、挑戦者に決まっていた第29期竜王戦七番勝負に出場しないことを申し出たという。しかし休場届の提出が期限までになかったことから、連盟は、出場停止処分を決めた。

 10月15日に始まった七番勝負には、挑戦者決定戦で三浦九段に敗れた丸山忠久九段が繰り上がって出場。挑戦手合出場者が交代するというのは、異例中の異例だ。

 三浦九段はカンニング疑惑に対して、「離席して別の部屋で体を休めていた。やましいことは何もしていない。今後の対応は弁護士と相談する」と否定している。本当に三浦九段がカンニングしたのかどうか、確たる証拠は出ていない。

【囲碁界の反応】

 囲碁の元名人である武宮正樹九段は「将棋連盟は冷たい対応だねえ」と三浦九段に同情していたが、高尾紳路九段は「仲間の棋士が『黒』と言い切っている。それを信じる」と、三浦九段に懐疑的だった。

 また、依田紀基九段は自身のブログで「三浦九段の対応が僕にはどうも腑に落ちない。(中略)もし僕が棋聖戦の挑戦者に決まって、身に覚えのないことで疑いを掛けられて、七番勝負の出場を停止させると言われたら、(中略)徹底抗戦します。身に覚えがないなら、持っているスマホなどすべて警察に提出して解析させたらいいじゃないか? と思う。なんでこんなにあっさり引き下がれる?」と疑問を呈していた。

1/4ページ

最終更新:10/19(水) 10:35

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。