ここから本文です

西武百貨店「レトロかわいい包装紙」がおしゃれに復刻、デザインは北欧の巨匠

東京ウォーカー 10/19(水) 6:00配信

百貨店のイメージを決定づけるのは「包装紙」。それぞれの百貨店の想いがこめられているデザインはどれも、数ある商品の中から選び抜いた大切な品を包むのに、ふさわしいものばかりです。

【写真を見る】ショッピングバッグとなって、当時のデザインがアップデートされた。

有名デザイナーが手掛けているものも多く、中でも西武百貨店の包装紙は、昨今の北欧ブームに影響を与えたクリエイターの一人であるリンドベリが、1959年に手掛けたことが有名。多種多様の商品を扱う百貨店を表現した楽しい包装紙は、日本で彼の名が広まるひっかけにもなったとか。現在は青と緑の水玉模様の包装紙ですが、かつては北欧テイストだったのですね。



そして今、その包装紙がリンドベリ生誕100周年を記念して、レトロかわいいショッピングバッグとして復刻されています。さらに当時のデザインモチーフを施したオリジナルアイテムの販売も展開され、「リミテッド エディション with スティグ・リンドベリ」名付けられたシリーズより、ストールやトートバッグなどのファッションアイテムが登場。スタイリッシュだけどどこか温かいデザインが、これから来る冬の景色にマッチしそう。



さらに西武池袋本店(別館2階)では、グスタフスベリ陶磁器博物館で本年5月末から開催された展覧会をもとにした「スティグ・リンドベリ展」も開催予定。北欧デザインの魅力を堪能できる、またとないチャンスかも。休日のウインドショッピングがてら、リンドベリの世界をのぞき見にお出かけしてみては? 【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:10/19(水) 6:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。