ここから本文です

札幌のラーメン界に異変あり!? 評論家と読者が選んだ2016年のラーメン新店ランキングは……

東京ウォーカー 10/19(水) 6:00配信

今年で5回目を迎える「ラーメンウォーカーGP」が発表された。今年の1位はどこだ?……という話題もさることながら、編集部では実はもうひとつ話題があった。それは、新店ランキング。2015~2016年にオープンした店のなかからランキングをつけるのだが、毎年、ラーメン界の動きが如実に出るのである。

札幌直伝屋の味噌(780円)。麺は道産小麦のルルロッソと、昔ながらの黄色い縮れ麺の2種から選べる

では、まずは、新店ランキング3位から、

■ ラーメンツバメ

実力店「我流麺舞 飛燕」のセカンドブランド店として15年秋に開店。「豚+煮干し」というコンセプトを全面に押し出して挑む。肉煮干し月見中華そば(950円)は、あっさりでありながらも、バラ肉がたっぷりのる魅力的な一杯。

■住所:札幌市中央区南22西10-5-1■時間:11:00~15:30、17:00~20:00(各LO、スープがなくなり次第終了)■休み:木

続いて2位は、

■ 札幌直伝屋

札幌ラーメンコンシェルジュという肩書をもつ大石さんプロデュースの店で、味噌ラーメンの王道の路線を歩みつつ新しい味を追求した進化形・札幌ラーメン。味噌(780円)は、濃厚な豚骨スープに、ニンニクやラードの香ばしさが光る。

■住所:札幌市中央区南4西5-6-3 第2秀高ビル1F■時間:10:00~16:00(LO15:45)、18:00~翌3:00(LO2:45)、日は~24:00(LO23:45)■休み:月

そして、堂々の1位は、

■ カリフォルニア

2015年6月にオープン早々、ラーメンマニアだけでなく他店のラーメン店主も通うなど注目されていた店。チャーシュウ肉わんたん(800円)は、煮干しほかいろいろな魚介から取ったスープの奥行きある味わい。

■住所:札幌市白石区菊水3-4-4-6 ビバ菊水■時間:11:30~15:00(LO14:45)、18:00~22:30(LO22:00)※土日祝は11:30~15:00(LO)■休み:月

となったわけだが、ここのところ増え続けている、キレのあるあっさり味が魅力の”淡麗系”の店「カリフォルニア」がトップを飾った。10位以内には、何店もこの淡麗系、中華そば系の店がランクイン。3位の「ラーメンツバメ」もまた、あっさり系中華そば系の肉そばが人気だ。一方、2位に食い込んだのは、札幌ラーメンを打ち出す「らーめん札幌直伝屋」。

札幌ラーメンは今、伝統的な「味噌」と、そのアンチテーゼのように台頭してきた「淡麗系」がしのぎを削っているような状況なのだ。全国的なムーブメントでもあるあっさりした味と、昔ながらのこってり味噌味を進化させていく動き。これからの札幌のラーメンが、さらにどのように進化していくのか注目だ。

【北海道ウォーカー編集部】

最終更新:10/19(水) 11:41

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016