ここから本文です

モー娘。くどぅー、“かわいい”から“サバサバ”への変化

Smartザテレビジョン 10/19(水) 7:30配信

モーニング娘。'16・工藤遥が、10月27日(木)に放送される「オトナヘノベル 10代のゲンバ『今のキャラに満足?』」(NHK Eテレ)に出演。モデルの松永有紗らと、“自分のキャラ”について考えていく。

【写真を見る】くどぅー、“かわいい”から“サバサバ”へのキャラ変とは!?

学校では2学期に入り自分のキャラが定着したころだが、番組には「無理してキャラを演じている」という声が多く寄せられた。

「グループ内に同じキャラの人がいて、違うキャラにならざるを得なかった」「おしゃれが好きという理由だけで活発な1軍に入れられた。本当はおたくグループが落ち着くのに」など、悩みはさまざま。

「学校で本当の自分を出せない分、SNSでなりたい自分を作って発散する人」「その場の空気に合わせてキャラを演じているうちに、本当の自分はどんなキャラなのか分からなくなった」という人もいるという。

そこで、工藤と松永、MCの清水富美加とヒャダインが“無理しないキャラとの付き合い方”を研究する。

「モーニング娘。'16では、ボーイッシュでサバサバしたキャラ」と話す工藤。だが、モーニング娘。加入当初は“アイドル=かわいい”というイメージにとらわれ、無理に女の子っぽくして疲れてしまったという過去も。

工藤は、髪を切ったことで“サバサバキャラ”になれたと振り返り、“なりたいキャラになる”ために、ファッションなどの外見を変えるところから始めてみることを提案する。

一方の松永は、友達から“能天気キャラ”と思われているせいで、悩みがあっても言いだせず、ストレスになることもあると告白。大人っぽい洋服を着ると、落ち着いた気分になれると語る。

また、番組では“キャラ変”したい人に向けた「自分探しノート」の書き方も伝授する。

最終更新:10/19(水) 7:30

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。