ここから本文です

道産子太鼓判の、札幌・すすきのジンギスカンの名店3選

東京ウォーカー 10/19(水) 11:45配信

北海道で何を食べたいかといったら「カニ」か「味噌ラーメン」か「ジンギスカン」、ですよね。東京から出張で来る方とか友達とか、うまいカニはどこだ、うまい味噌ラーメンはどこだとおっしゃいます。

【写真を見る】【成吉思汗だるま】キムチ

ちなみに、今これを書いてるのは生粋の道産子ですが、この北海道3大グルメのなかで何が一番オススメかというとジンギスカンです! 花見やら海水浴やら普通の夕飯やら、小さいころからずっと食べてきているのに飽きないんですよねぇ、これが。そんなジンギスカンには厳しい舌をもつ道民が長年愛し続ける名店3軒を紹介します!

■ 【成吉思汗(ジンギスカン)だるま】

札幌・すすきので1954(昭和29)年から営業している、言わずと知れた名店。14席あるカウンターには七厘が並び、脂ののった肩ロースや赤身など、新鮮なマトンがたっぷり堪能できます。ジンギスカンは1人前847円。ポイントは先代から受け継いだ門外不出の秘伝のタレ。毎日オーナーが仕込み、創業以来変わらぬ味を守っているのです。ちなみに、このタレに唐辛子とニンニクを入れてマトンを味わい、締めには番茶を注いでスープやお茶漬けにして味わうのが常連客の食べ方だそう。

そして、頼まない人がいないというほど人気のメニューも。

キムチ378円!定期的に仕込む、だるまの名物です。ジンギスカンと一緒に味わってみては?

■住所:札幌市中央区南5西4 クリスタルビル1F■電話:011・552・6013■営業時間:17:00~翌3:00(LO2:30)、■休み:なし※年末年始は休み■席数:14席

■ 【ジンギスカンRam】

地元民が自信を持ってオススメする1軒。創業30年、地元客はもちろん芸能人も数多く訪れる有名店です。こちらのポイントは焼き方。一頭買いするラム肉は鮮度管理が徹底されているので、レアに近い状態で食べるとより美味しく味わえます!

生ラム864円(1人前)、スペアリブは1本648円。タマネギは108円で食べ放題というのもうれしいところ。ラム肉を使ったサイドメニューも豊富です。

■住所:札幌市中央区南7西4 ライトビル2 1F■電話:011・512・2277■営業時間:17:00~肉がなくなり次第終了■休み:不定■席数:18席

■ 【しまだや】

カウンターだけの小さなお店だったのが、常連さんが新しいお客さんを連れてくることで人気は広まり、50席に拡張した現在も席が足りなくなるほどの有名店。ポイントは手切りの肉と秘伝のタレ。店で手切りしている肉は厚みがあり、炭火で焼いて閉じ込めた肉汁が噛むたびに溢れます! それを味わうのは、数種の味噌とネギをブレンドした甘みの強い、しまだや秘伝のタレ。名物の島田屋ジンギスカン(1人前518円)などはこのタレをつけて味わえます。また、写真のメニュー・厚切りラム肩ロース(1人前691円)はバターと練りニンニクをつけて食す一品。肉の厚さは2~3センチほどあり、食べごたえは抜群。

■住所:札幌市中央区南7西4 ショウビル1F■電話:011・532・0122■営業時間:17:30~翌1:00■休み:なし■席数:50席

最終更新:10/19(水) 11:45

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。