ここから本文です

東京初となるベトナム風アイリッシュコーヒー!

東京ウォーカー 10/19(水) 12:03配信

アイリッシュウイスキーとして世界中で愛されている「JAMESON(ジェムソン)」が、ベトナム屋台料理と最高級のベトナムコーヒーを提供するキッチンカー「+84 Banh Mi & VN Coffee」の1周年記念POP-UPイベントをサポート。

【写真を見る】ベトナムフードとの相性もぴったり

10月21日(金)から10月23日(日)に、東京初の「ベトナム風アイリッシュコーヒー」(1000円)を中目黒のコーヒーショップ「P.N.B. Coffee」で販売する。

同コーヒーは、アイルランド人の「JAMESON」ブランドアンバサダーと「+84 Banh Mi & VN Coffee」のベトナム人で考案。レシピとともに提供され、バインミー(サンドイッチ)、生春巻き、チェー(伝統的なスイーツ)などのベトナムフードと絶妙にマッチする。

また、サイゴン、ダナン、ハノイの3地域のスタイルによる、ベトナムコーヒーも楽しむことができる。

さらに、10月29日(土)の18時から24時に、「P.N.B. Coffee」で「+84 Banh Mi & VN Coffee」の1周年記念POP-UPイベントを締めくくるクロージングパーティーを実施。 「JAMESON」を使ったスペシャルカクテル(1000円)が提供され、ベトナムフードと新感覚なマッチングも体験できる。

アイルランドとベトナムという異色のコラボを、味わってみてはいかが。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:10/19(水) 12:03

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。