ここから本文です

“食べ物の王様”を贅沢に味わえる白トリュフフェア

東京ウォーカー 10/19(水) 13:10配信

イタリアで“食べ物の王様”と呼ばれる「白トリュフ」を、贅沢に味わおう。

資生堂パーラーが運営するイタリアンレストラン「ファロ資生堂」で、11月12日(土)から12月10日(土)まで「白トリュフフェア」が開催される。

【写真を見る】イタリアで“食べ物の王様”と呼ばれる「白トリュフ」

白トリュフは、収穫時期が短い非常に希少な食材。フェアでは、その芳香を放つ希少な食材を贅沢に使用する。

香り高く、選りすぐられたイタリア・アルバ産の白トリュフをイタリアで修行経験のあるシェフの中尾崇宏氏が、コース料理「Festa del Tartufo bianco 2016」(1万9500円別途サービス料10%)に仕立てる。

「旬のものには力がある。都会ではなかなか感じられない季節感をここで味わっていただきたい」というシェフの想いが詰まったコースは、「卵とジャガイモのクリームソース 白トリュフ添え/根セロリのバッカラ 冷たいポレンタソース 白トリュフの香り」、「ユリネ入りのタヤリン 白トリュフをたっぷり降りかけて」、「白トリュフで覆われたリゾット」など、白トリュフの魅力が存分に味わえるラインナップとなる。

極上のコース料理で、今の時期ならでは豊かな香りを堪能しよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:10/19(水) 13:10

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。