ここから本文です

もやしで節約&満腹!「ソースもやし丼」

東京ウォーカー 10/19(水) 15:30配信

給料日前でお財布が寂しいうえに、野菜が軒並み高騰してピンチな今。お手頃価格のもやしを活用しない手はありません! 火の通りも早いもやしを使った「ソースもやし丼」は、ササッと短時間で作れるうえ、プラス食材のソーセージ&卵で、食べごたえもアリ。お財布は寂しくても、お腹は満腹。手軽に作れる昼食メニューとしても、覚えておくと便利な一品です。

【写真を見る】もやしは白く透明感があり、色つやがよくてかたくしまっているものを。根や子葉が茶色かったり、もやしがヘナッとしているものは、収穫してから日にちがたっています



【ソースもやし丼】(1人分401Kcal、塩分1.4g)



<材料>(2人分)

もやし1袋、ウインナソーセージ1~2本、卵2個、温かいご飯茶碗2杯分、サラダ油、ウスターソース、塩、粗びき黒こしょう



<作り方>

(1)もやしは目立つひげ根を除く。ソーセージは斜め薄切りにする。

もやしはひげ根を取り除いておくと、歯ごたえよく、見た目もきれいに仕上がります。

(2)フライパンに油少々を熱し、卵を割り入れて弱めの中火で焼く。白身が固まって、まわりがカリッとするまで焼いたら取り出す。

(3) 2のフライパンに油小さじ2を足して熱し、ソーセージを入れて炒める。焼き色がついたらもやしを加えてさっと炒め、ウスターソース大さじ1を加えて炒め合わせる。塩で味をととのえる。

(4) 器にご飯を盛り、3をのせて2の目玉焼きをのせる。フライパンに残った汁を再び火にかけて煮詰め、もやしにかけて、こしょうをふる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:10/19(水) 15:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。