ここから本文です

もやしで節約&満腹!「ソースもやし丼」

東京ウォーカー 2016/10/19(水) 15:30配信

給料日前でお財布が寂しいうえに、野菜が軒並み高騰してピンチな今。お手頃価格のもやしを活用しない手はありません! 火の通りも早いもやしを使った「ソースもやし丼」は、ササッと短時間で作れるうえ、プラス食材のソーセージ&卵で、食べごたえもアリ。お財布は寂しくても、お腹は満腹。手軽に作れる昼食メニューとしても、覚えておくと便利な一品です。

【写真を見る】もやしは白く透明感があり、色つやがよくてかたくしまっているものを。根や子葉が茶色かったり、もやしがヘナッとしているものは、収穫してから日にちがたっています



【ソースもやし丼】(1人分401Kcal、塩分1.4g)



<材料>(2人分)

もやし1袋、ウインナソーセージ1~2本、卵2個、温かいご飯茶碗2杯分、サラダ油、ウスターソース、塩、粗びき黒こしょう



<作り方>

(1)もやしは目立つひげ根を除く。ソーセージは斜め薄切りにする。

もやしはひげ根を取り除いておくと、歯ごたえよく、見た目もきれいに仕上がります。

(2)フライパンに油少々を熱し、卵を割り入れて弱めの中火で焼く。白身が固まって、まわりがカリッとするまで焼いたら取り出す。

(3) 2のフライパンに油小さじ2を足して熱し、ソーセージを入れて炒める。焼き色がついたらもやしを加えてさっと炒め、ウスターソース大さじ1を加えて炒め合わせる。塩で味をととのえる。

(4) 器にご飯を盛り、3をのせて2の目玉焼きをのせる。フライパンに残った汁を再び火にかけて煮詰め、もやしにかけて、こしょうをふる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:2016/10/19(水) 15:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

人気温泉地の新しい歩き方。
日帰り&1泊で週末トリップ♪
スパ銭 最新ガイド
神ラーメン本気で旨い店25軒