ここから本文です

フィギュアスケート・東京ブロック大会レポート3 【ノービスA女子】

東京ウォーカー 10/19(水) 17:11配信

■ 一躍、全日本ノービスの優勝候補に躍り出た、住吉りをん

8月に開催された夏季フィギュアでのスコアは82.73。それが今回は98.17。わずか1か月で15点以上も上がったのだ。3フリップ+3トウループが認定され、加点も付いたことが大きかった。とはいえパーフェクトの演技ではない。ルッツを失敗しての98点だったことから、ノーミスならば100点超えのスコアとなるだろう。

【写真を見る】技のつなぎの部分でスパイラルを見せる住吉りをん

「初めて98点を取ってビックリしています。全日本ノービスではノーミスを目指したいです」

曲かけからノーミスにこだわった練習をしてきた。フリップ+トウの練習量を増やし、助走でスピードを出すことを心掛けたという。今回の反省点として、失敗したルッツにエッジエラーもついていたことを挙げる。またスピンでの取りこぼしもあった。それらを修正し、「全日本ノービスでは100点を超えたい」と力強く宣言した。

住吉選手といえば武田奈也のキュートな振付で、良く踊る演技をするのが持ち味だと感じていたが、本人は意外なことに「踊りは特別好きというわけではない」とのこと。が、最近は演技の中で自然と笑顔が出るようになってきた。

「今まではジャンプ、エレメンツを次々こなすことに意識が行っていましたが、最近は『よし、ジャンプ成功した。笑おう!』と演技の中で楽しめるようになってきました」

この日、演技をスタートするときには意識的に笑顔を作っていたそうだが、3フリップ+3トウループが成功してからは自然と笑顔が出たという。

「曲が“くるみ割り人形”だから、もっと繊細に、綺麗に優雅に見せるようにと意識しています。表現面では永井優香選手に憧れています」

彼女が師事する岡島コーチの下からは良い選手が次々に育ってきている。

「競い合っていることが大きいと思います。松岡あかり選手が夏季フィギュアで100点を出しました。私も100点を出したい、との思いでフリップ+トウの練習を増やして頑張ってきたんです」

岡島コーチの指導はほとんどがジャンプだという。振付は武田奈也、スケーティングを佐藤紀子、スピンは望月梨早に教わっているそうだ。この分業体制がチームの躍進を支えているのだろう。

■ 悔しい思いのリベンジは全日本ノービスで。松岡あかり

8月の夏季フィギュアで100点超えを果たし、注目を集める存在となった松岡あかりだが、この日はミスの多い演技となってしまった。

「一番悔しいのは、住吉りをん選手に負けたことです」

同じチームで切磋琢磨し、長足の進歩を遂げていく様を肌で感じていた住吉選手の存在が、松岡選手にはプレッシャーになっていたようだ。「全日本ノービスでは絶対に勝ちたい」と意を新たにしていた。

「注目が集まるのは嬉しいことですが、その期待に応えたいという気持ちがプレッシャーになっています。でもそれを言い訳にはしたくない。そこが自分の弱いところだと思います」

この生真面目な性格が、今回に限っては裏目に出てしまったようだ。演技を観れば分かるが、本当に上手で、大きな可能性を感じさせる選手だ。注目が集まるのは当然だと思うが、それが現在の彼女には負担になっている面があるようだ。

最後に悔し涙を押さえ、こう宣言した。

「全日本ノービスではノーミスの演技をして、ベストの点数を取りたい」

他の選手を意識することなく、彼女のベストの演技をしてほしい、と心から願う。そうすれば自然と結果はついてくる。それだけの逸材だ。

【東京ウォーカー/取材・文=中村康一(Image Works)】

最終更新:10/19(水) 17:11

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。