ここから本文です

'16年の紅白出場歌手を予想『安室奈美恵』『BABYMETAL』『RADWIMPS』が濃厚か

週刊女性PRIME 10/19(水) 22:30配信

 ラストコンサートが期待されるSMAPや、朝ドラ主題歌を担当した宇多田ヒカルなど、今年は“紅白出場者”への関心が例年より高まっているのは間違いないだろう。

 ということで、「週刊女性」は2016年紅白出場アーティストを緊急大予想! この2組以外にもすでに“出てほしい”タレントにはオファーがかかっているんです! 

 ある音楽関係者によると、

「“司会を誰にするか?”という企画の段階で、朝ドラ出演の菅野美穂さんの名前もあがっていたとか。もしそれが実現すれば、大河『真田丸』に出演中の夫・堺雅人さんにも会場に駆けつけてもらって、“真田の赤備え”という、おそろいの真っ赤な甲冑を着て“エイエイオー”の勝どきをあげて紅組を応援したら盛り上がるよね、なんて意見が出ていたそうです」

 ほかにも、今年みんながマネした人気者といえば、この人たち。

「演出コーナーには、芸人枠でオリエンタルラジオ扮する『RADIO FISH』や、先日YouTubeで週間再生数世界一を記録したことで話題の、古坂大魔王扮する『ピコ太郎』などを起用するという企画も進んでいるそうですよ」(NHK関係者)

 う~ん、いかにも実現したらと期待が膨らむものばかり。今年は、出場アーティストたちにも例年とはひと味違った注目が集まっている。

 「週刊女性」が10月25日号で“KinKi Kids結成20周年で、紅白歌合戦初出場へ”を報じたのもそのひとつ。

「例年、12月30日と31日に行っているコンサートを今年は行わないことや、本人たちもメディアの取材に対して含みのある発言をしているので可能性は高いです。ジャニーズ事務所としても、SMAPなきあとの“ジャニタレ枠”を埋めるためにはキンキクラスが適任と考えているようです」(スポーツ紙記者)

 日本中が歓喜に包まれた、リオ五輪のテーマソングを歌った安室奈美恵にも出場への期待が高まる。

「'03年から出場を辞退している安室さんですが、今回に限っては紅白出場を織り込みずみの“オリンピックソング”でしょうね。審査員もリオの金メダリストをあたっているようですし」とレコード会社関係者も確実視。

 国際派で見れば、海外で大ブレイク中の女性3人組・『BABYMETAL』も高確率だそう。

「アイドルユニットでありながら高い音楽性も人気で、日本と海外の懸け橋になるアーティストとしてプッシュされています」(前出・スポーツ紙記者)

 オリンピックの割を食ったかたちなのか、今年の芸能界は話題に乏しかったというのが関係者たちの見方。そんな中でも気を吐いていた存在といえば、桐谷健太。音楽評論家の富澤一誠氏はこう語る。

「『海の声』は今年カラオケでいちばん歌われていた曲です。出ないとおかしいというくらいですし、桐谷さんサイドも出ない理由はないでしょう」

 大ヒット映画『君の名は。』の曲を手がけたあのバンドも。

「これまで1度も出場したことはないのですが、『RADWIMPS』は今いちばん出場をオファーしたいでしょうね。また、昨年初出場の『ゲスの極み乙女。』が今年、確実に出ないので“バンド枠”という意味でも有力」(前出・レコード会社関係者)

 最後は、12月に全国7か所で“復帰ディナーショー”を行う予定の中森明菜。チケットは即完売。'14年に出場した際は、大きな話題になったことも記憶に新しい。

「やはり体調が心配されています。しかし、明菜さんとしては紅白というオープンな舞台で、完全復活をアピールしたいようです。ネームバリュー的にもウルトラC枠なのが彼女。出ることになれば間違いなくいちばんの目玉でしょう」(芸能プロ関係者)

 出場者発表会見はもう少し先だけど、あなたも予想を楽しんでみては!? 

最終更新:10/19(水) 22:30

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

なぜ今? 首相主導の働き方改革