ここから本文です

高良健吾「『べっぴんさん』に入る前は苦しかった。この作品で自分が変われたら」

週刊女性PRIME 10/19(水) 6:00配信

 連続テレビ小説『べっぴんさん』で、ヒロイン・すみれ(芳根京子)の幼なじみであり、姉・ゆり(蓮佛美沙子)の夫・野上潔を演じている高良健吾。今回は5年ぶりの朝ドラ出演となる。

「朝ドラは、『おひさま』という作品に出演させていただいて感謝していたんです。だから、今回オファーをいただいたときはありがたかったです。

『おひさま』に出演したとき、視聴者の方たちからいただくリアルタイムでの反応がすごくうれしくて。たくさんの人に何かが届いているという感覚が自分の中にあったんです。

 それまでは、どこか仕事に対して個人プレーだったというか……。自分の中に、曲げたくない“大切なこと”がたくさんあって。でも、それも持ち続けながらも、さらに新しい感覚で仕事ができたんです。あのときみたいに今回も自分が変われるかな、と思っています」

「自分自身がイヤになるときもある」

 “変わりたい”とつぶやく彼。これまでも自身の転機に影響を与えた作品があるという。

「朝ドラがそうだし、大河(昨年の『花燃ゆ』)もそうだった。自分が落ち込んでいたり、苦しいときにNHKから長いスパンで取り組める作品のオファーをいただけるんです。

 常に自分がやりたいことをできるわけではないし、自分自身がイヤになるときもありますが、不思議とそのタイミングでお話をいただくんです。すごくそれで自分が救われているんです。言ってしまうと『べっぴんさん』に入る前もなんとなく苦しくて……。だから、この作品で自分がちょっとでも変われたら、と思っています」

 今回演じている潔という役は、戦争でつぶされてしまった会社を再興しようと奮闘する。闇市で商売を始め事業に才覚を発揮するが、これまで高良が演じてきたキャラクターとは雰囲気が違うように見える。

「とにかく僕はアウトサイダー的な役が多かったですから。自分もそこに引っ張られてきたということもあります。潔は人のいいところを見ることができる人物。自分はもちろん、人を信じる強さが真ん中にあるんです。だからどんなに苦しく迷っていても、前向きな言葉をちゃんとしゃべることができる。僕自身もそういう気持ちになってきています」

 潔はゆりと結婚したが、すみれの初恋の相手でもある。女性たちが潔に惹かれる部分はどんなところだと思う? 

「愚直に、誠実に生きているところだと思います。目の前にいる人に一生懸命ぶつかれて、手を抜かないところじゃないですか。僕もそんな部分を最後まで変えずにやりたいと思っています」

1/2ページ

最終更新:10/19(水) 6:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。