ここから本文です

自宅or施設? 事例別で見る「介護施設の選び方」

女性自身 10/19(水) 6:00配信

「3カ月を過ぎると、病院に支払われる入院医療報酬が極端に減ることになり、病院から退院を迫られます。そうした場合、医療機関には医療ソーシャルワーカーがいるので、まずは相談してみることをお勧めします。その病院にいなかった場合は、親が住んでいる地域の『地域包括支援センター』に聞いてみるのがいいでしょう」

 そう語るのは、日本ケアサポートセンター・高室成幸理事長。救急車で病院に搬送されても、入院できる期間は90日……。介護が必要になった親を抱えて、どこに行ったらいいの?「自分で探して転院を」と言われても、戸惑う人がほとんどだろう。いったいどうすればいいのか。そこで、実例にそって高室さんが解説してくれた。

【実例1】自宅で介護

 要介護5のAさん(85・女性)は、脳内出血で倒れ近くの病院で手術・入院。その後リハビリ専門の病院へ移り、現在は自宅で介護を。Aさんの娘さん(50代)は語る。

「リハビリ専門病院を退院後、母親本人の希望で、自宅で介護しています。胃ろう手術も受けました。また痰などが詰まらないための吸引は、緊急時に必要なため、教えていただいて、自分でもできるようになりました。ですが、母親はヘルパーさんや看護師さんに24時間態勢で入っていただくことが必要です。安心感はありますが、毎月の介護費用がとても負担になります」

 高室さんは説明する。

「Aさんは24時間の介護が必要な状態ですから、費用の面で在宅介護を続けるのが難しいようでしたら、医療保険を使って医療サービスが充実している『介護療養病床』に入るという選択が望ましいと思います」

【実例2】特別養護老人ホーム(特養)

 要介護4のBさん(85・男性)は、脳内出血で倒れたものの、回復。特養老人ホームに入居した。Bさんの息子さん(60代)は、こう嘆く。

「施設全体に異臭がするんです。職員も言葉がきつく、父の様子を聞いても説明をしてくれません。父に対して働きかけがなく、寝させてばかりなのです。退去すべきかと考えているんですが……」

 高室さんは語る。

「特養も玉石混合ですが、何百人もの入居待ちはざらなのは、比較的費用の負担が少なく入れることと、社会福祉法人が運営しているので安心感があるからです。特養は食事、入浴、排せつなどの介護サービスは手厚いですが、医療面では必要最低限で、医師が常駐していることもなく、夜間は介護職員だけになります。胃ろうなどの医療処置が必要な人の入居に7割の施設が制限を設けています。容体が急変したときは、日中・夜間問わず、提携病院に搬送されることになります」

【実例3】介護老人保健施設(老健)

 要介護1のCさん(88・女性)は1年前に骨折して入院し、そのまま家に戻ることはなく、老健に入ることになった。Cさんの息子さん(50代)が語る。

「骨折は回復しましたが、家には日中誰もいないし、ガスコンロをつけっぱなしで離れたことがあり、危うく火事になりかけたことがありました。そのため、リハビリもしてくれる老健に入れることにしたのです」

 老健はリハビリの専門職が常駐し、自立した生活を目指して医療ケアを行う施設だ。

「老健であれば、リハビリのプロの理学療法士が、家庭生活に戻ったときに快適な暮らしができるよう、自宅の間取りや環境を下見に来てくれて、それにあわせたリハビリを行ってくれる施設がお勧めです」(高室さん)

【実例4】介護付き有料老人ホーム

 要介護3から4になったDさん(85・女性)は、高額な入所金を納めて介護付き有料老人ホームに入所した。両親がずっとためていたお金から出しましたと娘さん(60代)は語る。

「私たち子どもはそれぞれの家庭があるため、両親が自らの意思でホームに入りました。ただ、その施設は両親に自由に面会することはできないため、よい施設とは思えません。施設が信じられなくなりました」

 介護付き有料老人ホームは高額で手厚いサービスといわれているが、実際のところはどうなのだろうか。

「サービスの内容も料金もさまざまなのが実情です。家族内だけで決めず、担当のケアマネージャーに相談してほしいと思います。費用が高い安いとか、高級感があるかどうかだけが重要ではありません。特に新しい施設は注意が必要です。まだ職員が施設に慣れていないこともあり、落ち着くまでは1~2年かかるので、それからの入所をお勧めします」(高室さん)

最終更新:10/19(水) 6:00

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。