ここから本文です

AEDの救命率45%!でも使用率は3%。助かる命を守る自治体へ―貴志信智 久喜市議

政治山 10/19(水) 11:30配信

 ここ10年で普及が進んだAED(自動体外式除細動器)ですが、利用状況の改善には多くの課題が残されています。AEDのさらなる普及に向けた地方自治体の取り組みについて、貴志信智 久喜市議にご寄稿いただきました。

        ◇

 巷でよく目にするようになったAED。しかし、いざという時、迅速に、正しく使用することができるでしょうか。例えば、自宅で家族が倒れたら――。いつも運動しているグラウンドで仲間が倒れたら――。

 表題の「救命率45%」というのは、心原性の心停止の状況下で正しくAEDが使用された場合、命が助かる確率です(出典:日本心臓財団)。一方で、心原性の心停止に対し、AEDが使用されるのは、わずか3%と言われています。

 正しくAEDを使用していれば助かったかもしれない命が、数多く存在するのです。では、AEDが適切なタイミングで正しく使用されるよう、自治体や我々地方議員が出来る事はなんでしょうか。私は以下の3点であると考えます。

1.公共AEDの数を増やす
2.AEDがどこに設置されているかを正しく周知する
3.AEDの使用法を周知する(講習会等を開く)

 本稿では、1と2に焦点をあて、久喜市での事例も併せて紹介していきます。

AEDの数を増やし、必要な場所に配置する

 この10年でAEDは急激に普及を遂げました。2004年に一般市民への使用が解禁されてから、2014年末までに約63万台が販売されたと言われています。伴って各自治体でも、多くの公共施設や学校にAEDの設置を進めました。

 しかしAED設置の難しいところは「管理」と「メンテナンス」です。非常に高額な機器のため、盗難のリスクもありますし、生死をさまよう状況下で機器の故障は絶対に許されません。それゆえ、久喜市では、公民館などの有人公共施設を中心にAEDの設置が進められました。

 もちろんAEDの数が多いに越したことはなく、AEDが増えたことは有益なことです。ただし「設置しやすい場所(管理しやすい場所)」と「必要な場所」は必ずしもイコールではありません。

 例えば、グラウンドなどの屋外体育施設。日本心臓財団がまとめた「AEDの具体的設置・配置基準に関する提言」によると「心臓震盪が発生する可能性がある若年層による野球、サッカー、空手などの競技が行われる施設では積極的なAEDの設置が必要」とされています。

 しかし、前述の「管理が困難」という理由から、屋内体育施設に比べて屋外体育施設にはAEDの設置が進んでいないのが現状です。

 このような状況を改善するべく、私も議会で屋外AEDの早期設置を求め、設置場所に関しては、「管理しやすい場所」でなく「必要な場所」に設置するように提言を行いました。

 久喜市では今年制定された「久喜市総合戦略」において、ようやく屋外AEDの設置が明言されました。屋外型AEDの必要性は明らかで、今後全国の自治体で導入が進むものと思われます。

1/2ページ

最終更新:10/19(水) 11:30

政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社パイプドビッツ

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。