ここから本文です

ジブリのTVシリーズ、アマゾンによる「吹替版」世界配信が決定

WIRED.jp 10/19(水) 10:35配信

「山賊のむすめローニャ」は、日本で2014年10月~2015年3月に放映されたスタジオジブリが制作協力したTVアニメシリーズだ。2016年4月に国際エミー賞・子どもアニメーション部門で最優秀賞を受賞したこの作品の英語版の登場を待ち望んでいたファンたちの願いは、アマゾンのおかげでようやく実現されることになった。

【オリジナルも意欲的:2016年、アマゾンはオスカーを狙う】

アマゾンは10月15日付けのプレスリリースで、「山賊のむすめローニャ」吹替版を、米国、英国、ドイツ、オーストリア、日本でアマゾンのPrime Videoが独占配信すると述べている(なお、日本では現在でもHuluで日本語版シリーズを視聴可能)。

プレスリリースには配信開始日が書かれていないが、ジブリ作品『もののけ姫』北米版で「モロ」(山犬の母神)の声を担当した女優のジリアン・アンダーソンが声優として参加していることは明かされている。

「山賊のむすめローニャ」はオリジナルストーリーではなく、『長くつ下のピッピ』で知られるスウェーデンの作家アストリッド・リンドグレーンの作品を脚色したものだ。

なお、「山賊のむすめローニャ」では、キャラクターが3Dレンダリング(3DCG)で描かれている。

SAM MACHKOVECH

最終更新:10/19(水) 10:35

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。