ここから本文です

さて、解散風は止むか --- 早川 忠孝

アゴラ 10/19(水) 16:31配信

いくらか目くらましのようなことがあるかも知れないが、新潟県知事選挙の結果くらいでは衆議院の解散・総選挙のスケジュールの撤回や見直しはないと思っておいた方がいい。

どんなことがあっても来年の都議会議員選挙の前に衆議院の解散・総選挙がある。
来年の予算案の審議や各自治体の予算案の承認等の手続きに出来るだけ支障がないようにするためには、出来るだけ前倒したくなる。

今選挙の準備が出来ていない人は、半年、一年経ってもそう変わらない。
落ちる人は落ちるべくして落ちるだろうし、そのあたりのことは十分に計算に入っているはずだ。
新潟県知事選挙の結果は、各陣営のいい引き締め材料になる程度のことであって、自民党の候補が危なそうだから解散はなしよ、ということにはならない。

民進党と共産党の選挙協力は進むだろうが、だからと言って民進党と共産党が一枚岩になることはない。
共産党が一方的に譲るだけである。

もっとも、選挙が終わって民進党の凋落が明らかになると、いずれ譲るのは民進党の方だ、ということにもなりかねない。

備えても大勢に影響はないのかも知れないが、まあ、ここはやはり、皆さん、それぞれに備えておいた方がいいだろう。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2016年10月17日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」(http://ameblo.jp/gusya-h/)をご覧ください。

早川 忠孝

最終更新:10/19(水) 16:31

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。