ここから本文です

【2016年ドラフト社会人編】山岡1位指名は何球団? 高校出3年目の投手に注目。野手は二遊間、左の好打者多し

ベースボールチャンネル 10/19(水) 11:50配信

山岡以外にも即戦力投手がズラリ

 10月20日に実施されるプロ野球ドラフト会議で指名が有力と見られる社会人選手には、例年通りに豊かな将来性が光るヤングパワー、定位置争いにも参戦できる実力を備えた実戦派が揃う。大きな注目の中で指名解禁となる高校出3年目の投手から見ていこう。

2016年プロ野球志望届提出者一覧(大学生)

 トップを走る山岡泰輔(東京ガス)は、3年目で自身初出場となる日本選手権へ調整しながら運命の日を迎える。今夏の都市対抗でチームを35年ぶりのベスト4に導いた投球術は進化を続けており、何球団が1位で入札するのかにも関心が集まる。

 その山岡がライバルと認める谷岡竜平(東芝)も、エースとしてフル回転。日本選手権出場を決めて吉報を待つ。ストレートの球速やキレはもちろん、真っ向勝負のマウンドさばきで着実に成長した右腕が、どんな評価を受けるか楽しみだ。

 185cmの左腕・土肥星也(大阪ガス)も、日本選手権の代表権獲得に貢献するなど、しっかりと実績を積み上げた。194cmから角度のある速球を投げ込む藤谷洸介(パナソニック)、187cmのスリークォーター右腕・白鳥 翔(JR九州)、北星学園大附高時代から素材のよさに定評がある182cmの左腕・山本大貴(三菱自動車岡崎)らとともに、今年から有力候補に加わる。なお、板東湧梧はさらなる成長を目指し、JR東日本に残留する決意を固めたようだ。また、昨年は残留した江口昌太(JX-ENEOS)は、指にかかった時のストレートに無限の可能性が感じられる。

 大学出2年目では、今夏の都市対抗で日立製作所に補強され、リリーフで力強い投球を続けた角田皆斗(富士重工業)、昨年の都市対抗で好投した酒居知史(大阪ガス)や北出浩喜(パナソニック)、日本生命の夏秋連覇に貢献した小林慶祐(日本生命)と本格派右腕が高く評価されている。

 ほかにも、右腕なら宝利 亮(日本製紙石巻)、玉井大翔(新日鐵住金かずさマジック)、進藤拓也(JR東日本)、森脇亮介(セガサミー)、大下佑馬(三菱重工広島)、谷川昌希(九州三菱自動車)、菊江 龍(Honda熊本)は、複数のスカウトがピックアップしている。また、左腕では今崎淳次郎(室蘭シャークス)、松田浩幸(三菱日立パワーシステムズ横浜)、池田 駿(ヤマハ)、大宮慎司(王子)に注目したい。
 26歳の近藤 均(王子)ら、豊富な実績を誇る投手が超即戦力として指名される可能性も少なくないだろう。捕手では、大城卓三(NTT西日本)が個性的なインサイドワークと長打力を秘めた打撃で力をつけており、4年目になる飯田大祐(Honda鈴鹿)は経験値の高さを買われている。

1/2ページ

最終更新:10/19(水) 11:50

ベースボールチャンネル

なぜ今? 首相主導の働き方改革