ここから本文です

チェルシーのセスク、ミラン移籍決断の報道も… 妻は「最近は話をでっちあげるのも簡単ね」と一蹴

Football ZONE web 10/19(水) 8:20配信

ミランの新CEOがチェルシー対レスター戦に登場し、ミランへの移籍話がさらに過熱

 チェルシーのスペイン代表MFセスク・ファブレガスは、アントニオ・コンテ新監督就任後に出場機会を失い、来年1月の移籍市場でACミランに移籍する可能性が浮上している。ミランのマルコ・ファッソーネ新CEOが就任後、初めて公の場に登場したのがチェルシー対レスター戦の舞台となったスタンフォード・ブリッジだったため、移籍話はさらに加熱している。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 イタリア地元紙がリーグ2位タイと躍進するミランへビッグネーム加入の可能性を報じるなか、肝心の司令塔の家族は“誤報”とばかりに笑い飛ばしている。セスクの妻、ダニエラ・セマアンさんは自身のツイッターで夫のミラン移籍決断というニュースに関して、「本当???」というメッセージとともに爆笑する絵文字4連発でメッセージを載せている。

 ミランが15日にセスク移籍交渉をスタートさせたという報道に関しては、「最近は話をでっちあげるのも簡単ね」とツイート。眉をひそめる絵文字を使って不快感を示している。

 セスク自身もチェルシー退団の可能性を再三否定しているが、今のところファブレガス家はミランに移籍する気はなさそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/19(水) 8:20

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。