ここから本文です

期待外れ?期待通り? 2015年ドラフト1位選手の2016年シーズン

ベースボールチャンネル 10/19(水) 16:00配信

多和田がローテーション入り。吉田正は10本塁打

 今年のドラフト会議が10月20日に行われる。今年も有望な選手が、多数プロ志望届を出している。

 さて、昨年のドラフトでは主に夏の甲子園で活躍した選手が注目された。仙台育英の平沢大河(現ロッテ)、県岐阜商の高橋純平(現ソフトバンク)、東海大相模の小笠原慎之介(現中日)が1巡目の重複指名を受けた。

 また、東京六大学の最多安打記録を更新した明大・高山俊(現阪神)も、東京ヤクルトスワローズと阪神タイガースが重複指名。阪神の金本知憲新監督がくじを引き当てたが、ヤクルトの真中満監督が、当たりくじを引いたと勘違いをしてガッツポーズをするハプニングもあった。

 あれから1年、12人のドラフト1位選手はどんな成績を残しただろうか。一軍、二軍の成績を見ていこう。

 まずはパリーグだ。

 今年の覇者・日本ハムの1位上原健太は、故障の影響で登板数は少なかった。一軍では1試合投げただけにとどまった。

 甲子園をわかせ、ソフトバンクに入団した高橋は、二軍で7試合、三軍でも4試合に投げただけだ。一軍に上がってくるまでもう少し時間がかかりそうだ。

 同じく甲子園で活躍し仙台育英から千葉ロッテマリーンズに入団した平沢は、一・二軍合わせて104試合に出場、打率は低いが、二軍で7本塁打を記録するなど1年目から大器の片りんを見せた。

 埼玉西武ライオンズの多和田真三郎は5月に一軍に昇格すると、6月以降はローテーションへ定着、8月11日の北海道日本ハムファイターズ戦で、2015年のドラフトで入団した選手の中で完封一番乗り。7勝をマークした。

 甲子園の人気者だった関東第一のオコエ瑠偉は東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。春季キャンプは一軍スタートで、そのまま開幕一軍入りを果たした。打撃面は発展途上ではあるものの、4盗塁を記録。二軍降格後も、実戦経験を積んだ。なおフレッシュオールスターゲームでは優秀選手賞を受賞している。

 青山学院大からオリックス・バファローズに入団した吉田正尚は、オープン戦終盤に打力で猛アピール。開幕戦、1番DHでデビューした。途中腰椎損傷で登録抹消したが、終盤戦では3番を任され、63試合ながら10本塁打、打率.290をマーク。来季はさらに主軸打者として活躍の期待がかかる。

1/2ページ

最終更新:10/19(水) 16:00

ベースボールチャンネル