ここから本文です

「わたしのディラン、この3枚」 翻訳家、作家、評論家の視点で3人に3枚を選んでもらいました

NIKKEI STYLE 10/19(水) 17:00配信

 歌手で初めてノーベル文学賞に選ばれた米国のシンガー・ソングライター、ボブ・ディラン。あまたのアルバムの中から、お薦めの3枚をディランを愛する識者3人が紹介する。

「?」の魅力たっぷり  (音楽評論家 湯浅学)

(1)ブロンド・オン・ブロンド(1966年)

(2)タイム・アウト・オブ・マインド(97年)

(3)トゥゲザー・スルー・ライフ(2009年)

 時代の代弁者? そうじゃない、放っておいてくれ――とフリーに音楽をつくり出す。その頃に制作した(1)は、解放された感じがあり曲の長さに構成、歌詞、音楽性と四拍子そろって自由だ。興味があることを全て歌うが、詞は比喩的で何を歌っているかは「?」が付く。「ボブ=よく分からない人」の魅力が詰まる。

 2000年代の出発点になった作品が(2)。U2を手がけたダニエル・ラノワをプロデューサーに起用し、ラノワは新しい観客にもボブが訴求力を持つか試した。セールスは成功。ボブは自分の音楽を他者に委ねてもうまくやれると証明し、新たな階段を上った。

 ボブは00年代に入り、自分の音楽のバックボーンを表す。それが(3)に濃く出ていて、モダン・ブルースにフォーカスした曲を入れるなど、新しいドラマをつくり直している。さらに、殺伐とした感覚を取り込み直していて「殺気=ロック」ならば00年代以降で最もロックだ。

突き抜けた多義の世界 (翻訳家 柴田 元幸)

(1)追憶のハイウェイ61(1965年)

(2)ジョン・ウェズリー・ハーディング(67年)

(3)セルフ・ポートレイト(70年)


 素朴なフォークソングともヒットチューンとも違う次元に自身の音楽性を高めていったディラン。(1)はその完成形を初めて見せた名盤。歌詞はメッセージ性のある分かりやすさを突き抜け、多義的な世界へと展開。「ライク・ア・ローリング・ストーン」(転がる石のように)にしても両義的だ。

 (2)は生ギター、ベース、ドラムによるシンプルなサウンドで、曖昧さを含んだ歌詞は分かりにくいとも多義的とも言える。例えば「見張塔からずっと」。こちらの気分によって様々な意味に変わる豊かさがある。湧いてきた言葉にメロディーを乗せた印象で言葉自体に運動がある。

 (3)はラブソングのカバーがあるかと思えば女性コーラスやオーケストラを取り入れたりと、ほとんど冗談のように解放的。古いものを捨て最新のスタイルをよしとする業界の常識とは全く異なる発想だ。フォークの反戦ヒーローからロックシンガー、そしてさらなる転身の結果の見事な一枚。

1/2ページ

最終更新:10/19(水) 17:00

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。