ここから本文です

菅野美穂が愛児を託したIQ天才児養成保育園、料金は月15万円

女性自身 10/19(水) 6:01配信

NHK朝ドラ『べっぴんさん』出演を果たし、ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』(TBS系)で主演を務めている菅野美穂(39)。昨年8月に第一子を出産した彼女は今、仕事と育児の両立に目の回るような日々を送っている。

また菅野といえば4月には英語も学べるフィットネスクラブ、7月にはセレブに人気の知育教室に愛児を通わせていることが報じられている。そんな教育熱心な彼女が多忙を極めるなか愛児を託したのは、“超英才教育”で知られる都内の保育園だった。

「ネイティブとバイリンガルの保育士が毎日3時間の英語育児をするのが特徴です。3歳までに良い脳を作るという教育法がウリで、天才児並みのIQに育ててくれるとの噂です」(教育関係者)

だがそれだけすごい保育園だけあって、料金も月約15万円とかなり高額。それでも知育と英語教育を別々の教室で学ぶよりは安いとして、かなりの人気ぶりだ。

そんな大奮闘中の菅野、いったいどこで台詞を覚えているのだろうか。そこには大河ドラマ出演中の夫・堺雅人(43)の協力があるという。

「堺さんのセリフ覚えはもっぱら喫茶店。家庭に仕事を持ち込まないタイプです。菅野さんも夫の姿を見て育児の合間のセリフ覚えを教わったようです。今回のドラマ出演も堺さんが背中を押してくれたそうです」(芸能関係者)

堺は10月14日、43歳の誕生日を迎えた。その前日、菅野は堺と都内のカフェに夫婦だけのランチデートに出かけていた。

「2人でバゲットのランチとコーヒーを頼み、楽しそうに会話を弾ませていました。それでもしばらくすると仕事の時間がきたらしく、菅野さんが慌ただしく先にお店を出ていました」(居合わせた客)

仕事に育児だけでなく、夫へのケアまで完璧にこなしていた――。

最終更新:10/19(水) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。