ここから本文です

トム・ハンクスやロン・ハワードら『インフェルノ』特別映像で主人公の秘話明かす

リアルサウンド 10/19(水) 12:00配信

 10月28日に公開される映画『インフェルノ』より、主人公ロバート・ラングドンに関する特別映像が公開された。

 本作は、ダン・ブラウン原作、ロン・ハワード監督による『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ第3弾。宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授が、新たな謎に挑む模様を描く。キャストには、主人公ラングドン教授役のトム・ハンクスのほか、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のフェリシティ・ジョーンズ、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』のイルファン・カーン、『最強のふたり』のオマール・シー、『疑惑のチャンピオン』のベン・フォスターらが名を連ねる。

 公開された特別映像では、ハワード監督、ハンクス、ジョーンズらが、本作の主人公ロバート・ラングドンについて解説。ハンクスは「インディ・ジョーンズとシャーロック・ホームズを足して2で割った感じだ」と人気キャラクターに例えながらラングドンについて語り、ハワード監督は「ラングドンは自分のイメージとはかけ離れた、“ある”能力を認めざるを得なくなる」と意味深なコメントを残している。

リアルサウンド編集部

最終更新:10/19(水) 12:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。