ここから本文です

デ・ヘア、クルトワ、そして… トーレスがアトレチコ新守護神に「世界最高のGK」と太鼓判

Football ZONE web 10/19(水) 13:25配信

アトレチコの正GKを務める23歳オブラク 今季もリーグ8試合でわずか3失点

 アトレチコ・マドリードのFWフェルナンド・トーレスが、自身のインスタグラムで「世界最高のGK」に同僚のヤン・オブラクの名を挙げている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 17日に行われたリバプール対マンチェスター・ユナイテッドの一戦で、ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘアがビッグセーブを連発した際、ユナイテッドOBのリオ・ファーディナンド氏がツイッターで「なんというセーブなんだ。彼は今まさに世界NO.1のGKだ」と絶賛のコメントを掲載。デ・ヘアこそが世界最高の守護神であることを主張していた。

 一方、トーレスはUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第3節ロストフ戦を前に、インスタグラムにオブラクとの2ショット写真を投稿。そこには「ロシアへ向かうよ。世界最高のGKと一緒にね」とのメッセージが添えられていた。

 オブラクは2014年、チェルシーへと移籍したGKティボー・クルトワの後釜としてベンフィカからアトレチコに加入。昨季は3位で終えたリーグ戦で18失点しか許しておらず、この数字は優勝したバルセロナよりも11点、2位レアル・マドリードより16点も少ないリーグ断トツの最少失点だった。

 今季もリーグ戦8試合を終えてわずか3失点に抑えている23歳のスロベニア代表GKは、安定したパフォーマンスを披露しており、首位快走の原動力となっている。これまでアトレチコは、デ・ヘアやクルトワなど世界トップクラスのGKを輩出してきたが、オブラクもまたディエゴ・シメオネ監督の指導の下で、世界最高峰の領域に足を踏み入れようとしている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/19(水) 13:25

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。