ここから本文です

ティム・バートン最新作『ミス・ぺレグリン~』 S・L・ジャクソンよりメッセージ映像

リアルサウンド 10/19(水) 12:09配信

 ティム・バートン監督作『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』の公開日が2017年2月3日に決定し、あわせて日本のファンへのメッセージ付予告映像が公開された。

 本作は、『アリス・イン・ワンダーランド』『チャーリーとチョコレート工場』などを生み出したティム・バートン監督の最新作。周囲に馴染めない孤独な少年・ジェイクが、祖父の遺言に従い訪れた古めかしい屋敷で、奇妙な能力を持つ少年少女や、その子供たちの保護者であるミス・ペレグリンに出会い、自分の中に宿る力に目覚めていく模様を描く。

 これまで全米で300万部以上を売り上げている大ベストセラーを原作にした本作。女優エヴァ・グリーンが、“奇妙なこどもたち”の保護者であるミス・ペレグリンを演じ、『ヒューゴの不思議な発明』のエイサ・バターフィールドが主人公のジェイクを演じている。そのほか、『マレフィセント』でマレフィセントの幼少期を演じたエラ・パーネルや、悪役として名優サミュエル・L・ジャクソンも登場する。

 公開された予告映像は、サミュエル・L・ジャクソンの「奇妙で夢のような魔法の世界へあなたをお連れします」というメッセージからはじまる。続けて、屋敷を訪れたジェイクが、ミス・ペレグリンをはじめ、空中浮遊能力を持った少女や、いたずら好きな透明人間の男の子、常に一緒に行動する無口な双子、後頭部に鋭い歯を持つキュートな女の子などに出会うシーンが映し出されていく。

リアルサウンド編集部

最終更新:10/19(水) 12:09

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。