ここから本文です

「彼が18歳の時から注目していたよ」 あの“伝説のFKキッカー”が見抜いた若き才能

Football ZONE web 10/19(水) 15:10配信

元ブラジル代表MFペルナンブカーノは共闘したピアニッチに当時から注目

 プロキャリアにおいて直接フリーキックで75ゴールを挙げた伝説的なキッカーである、元ブラジル代表MFジュニーニョ・ペルナンブカーノが「18歳の時から注目していた選手がいる」と明かしている。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じた。

“俊輔の左足”がメッシを抜いた! 英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」にランクイン

 その存在は、ユベントスのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピアニッチだという。かつてリヨンで7連覇に貢献したジュニーニョは、リヨンでのラストシーズンとなった2008-09シーズンに、当時18歳のピアニッチと1シーズンだけ共闘していた。今や世界屈指のプレースキッカーと言われるピアニッチは、若くして才能の片鱗を見せていた。

「彼が18歳の時から注目していたよ。その年齢にして見せていたものは、明らかにヨーロッパでトップクラスになれる才能の持ち主だったからね。彼はセカンドトップでも、“10番”でも、中盤の一員でもプレーできる能力があるね。だからこそ、彼がユベントスでプレーするチャンスを得ていることには驚かないな」

 伝説のキッカーはこう語った。ジュニーニョ自身はリヨン時代に「違う方向に二度曲がる」とまで言われた無回転フリーキックが武器だった。2006年ドイツ・ワールドカップではブラジル代表メンバーの一員として日本代表と対戦し、流れのなかからながら強烈な無回転ミドルを披露。飛びついたGK川口能活の手の寸前で急降下する衝撃的な軌道でゴールを奪っていた。

 ピアニッチは今季からユベントスに加入し、早くも中心選手としての地位を確立している。伝説のキッカーが見抜いた非凡な才能の持ち主は、順調な成長を遂げているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/19(水) 15:10

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。